FC2ブログ

想元紳市ブログ

2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP自著紹介 ≫ 『実録・男と男の性の事件簿』

『実録・男と男の性の事件簿』

電子書籍『実録・男と男の性の事件簿』を配信しました。

ケース①:叔父と甥の歪んだ関係、ケース②:元妻の旦那を寝取った中年ラガーマン。
加害者が赤裸々に告白した手記から、男と男の情欲がひき起こした二つの事件の真相に迫る。

【あらすじ】

ケース①:叔父と甥の歪んだ関係

「田村重之、現在34歳。平成21年5月、千葉県市川市にある自宅の仕事場で、叔父の田村隆雄(当時54歳)を用意していた刃渡り16センチのナイフで刺殺。東京地裁より懲役10年の判決を言い渡され、和歌山刑務所に服役中。」

甥と叔父はいかなる経緯で肉体関係を持つようになったのか。そして、その歪んだ関係が殺意へと変わる、引き金となった出来事には、父親まで絡んでいた。

ケース②:元妻の旦那を寝取った中年ラガーマン

「矢島壮一、現在49歳。平成28年10月、神奈川県横浜市みなとみらいにある高層マンションの地下駐車場で、元妻の権田幸恵(当時40歳)を絞殺。横浜地裁より懲役16年の判決を言い渡され、松山刑務所に服役中。」

別れた妻が再婚した夫は、人気プロ野球選手の権田大輔。自主トレ期間のトレーナーを務めることになった矢島と権田の二人は、次第に抜き差しならない関係へと陥っていく。



今回は、男たちが犯罪を犯すことになる、その経緯を描いた物語ですが、いつか、塀の中の物語も書いてみたいと思っています。

映画やドラマなどでは、刑務所内における男色行為を描いた作品は多々あります。

私自身好きな映画と言えば、アラン・パーカー監督の『ミッドナイト・エクスプレス』。
実在の主人公を演じたブラッド・ディヴィスのセクシーさもあいまって、幼心にショッキングなぐらい強い印象を残した作品です。



純文学では? 
BL小説では、木原音瀬の『箱の中』という名作があります。BLが苦手な人にも、じゅうぶん楽しめる作品だと思います。



世の中は、コロナウィルスが招いた事態にいまだ収束の気配すら見えませんが、私はできるだけたくさんの本を読んだり、映画を観たりする時間を確保できる、と前向きにとらえています。

直近に読んだのがアンソロジーの『エロスの記憶』。

豪華な作家陣による秀逸な短編揃いの中、ここにふさわしいものとしてあえて紹介したいのが、野坂昭如の『エレクションテスト』です。

戦時中のM検ならぬ、ET法が成立した近未来を描いたディストピア小説。

ET法とは、

”日本国に男として生を享けた者は、すべて六十五歳に達した翌年、四月上旬に、正しくはエレクションテストを受けなければならない。勃起能力を試されるので、男根にまつわる古来よりの、色合いなら、一黒二赤三紫、形状なら、俵エラ張り岐阜提灯、また長短は関係ない。眼目は硬軟、タタしめて持続十五秒なら合格。”

このET法にまつわる顛末が、野坂昭如独特の巧妙な語り口でつづられます。

 

最後に、もちろん私の拙著も、たまの性の息抜きにどうぞよろしくお願い致します。

Kindle↓


DLsite↓


Digiket↓
[想元ライブラリー] の【実録・男と男の性の事件簿】

Booth↓
想元ライブラリー

■既刊分はこちら
『流刑の島』
『父と息子の裸祭』
『覗き・刺青の男』
『浪速親父の淫らな純情』
『黒潮―カツオ漁師の熱い夜』
『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』
『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』
『失踪の森【後編】―捜査一課・田所警部の覚醒―』
『父子男色酒蔵』
『再見―台北の男【前編】』
『再見―裏切る夜【後編】』
『夜這いの村-マタギ伝承-』
『義兄の裸・男前すぎる父』
『ガテンの臭い・既婚親父の穴』
『鋼鉄の男―ラガーマン父子の火まつり―』
『スワッピングの夜・父のもう一つの顔』
スポンサーサイト



Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL