FC2ブログ

想元紳市ブログ

2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP自著紹介 ≫ 『義兄の裸・男前すぎる父』

『義兄の裸・男前すぎる父』

電子書籍『義兄の裸・男前すぎる父』を配信しました。
新作書き下ろし2編を収録しています。

裸祭りの日、ついに憧れの義兄と2人きりになり……。男からも女からももてる奔放な父、息子との関係も次第にエスカレートして……。家族を描いた連作2編を収録。

【あらすじ】

『義兄の裸』
“実家に住む姉の結婚がようやく決まったのは半年ほど前のことである。
大喜びの母が、相手は三十七の姉よりさらに八つも年上の大工で、どうやら空手教室で出会ったらしいと電話で誠一に伝えてきた。”(冒頭抜粋)

相手はどうせ冴えないただの中年親父かと思いきや……。
地元の裸祭りに参加するため帰省した誠一は、男らしい義兄と一つ屋根の下、心穏やかでいられるはずがない。義兄の汗、脱いだ下着、壁越しに聞こえる夜の営み……。
いよいよ裸祭りの日、褌姿の義兄と神輿を担ぐ興奮に浸ったのも束の間、ついにその夜、実家で2人きりになってしまい……。

『男前すぎる父』
“田ノ倉清吾は、昨年五十の大台に乗ったというのに、とにかくよくモテた。それが女だけでなく、男からもモテるというのだから普通ではない。
その理由は簡単である。
顔立ちがまるで主役を張る俳優かと見まがうほどの苦み走った二枚目である一方、首から下は男受け、正確にはゲイ受けする、厚みのある筋肉質な巨体でいやらしいほどの男性的魅力を発散している、というわけだった。
歳を重ねた今や、渋さと包容力で女たちのファザコン心をくすぐり、熟しきった肉体でゲイたちの視線を釘付けにした。”(冒頭抜粋)

母は早くに亡くなり、長らく男二人だけの暮らしの中で、男女を選ばず遊ぶ父の姿を見て育った息子の信介。
そんなある日、清吾が事故で両手首を骨折。全く自由のきかなくなった父のため、信介はあれこれ手助けするはめに……。トイレや風呂の世話、さらにそれだけにとどまらず……。



本ブログも新作配信時に更新するだけで、めっきり手薄なものになってしまいました。

そもそも従来の個人ブログの形態そのものが、ある種の役割を終えたのはないかという気がしています。

ブログを始めた7-8年前は、まだ毎日三ケタのアクセスがあったものですが今やはるか遠く及びません。
もちろん更新頻度が落ちたこともありますが、一度完全にアドレスを引越したことで以前の記事までほとんど検索に引っかからなくなってしまったこと、そして大きな理由の一つはネットにおける「まとめサイト」の氾濫ではないかと考えています。

何かを調べようとすると、アフェリエイトのためのSEO対策だけに絞った、中身の薄いまとめサイトが検索の上位に並ぶようになってしまいました。ただの特定商品の宣伝だったり、中にはタイトルだけが立派で、内容は怒りを覚えるほどのサイトも少なくありません。

インターネットにおける情報の劣化に他ならないと思っていますが、残念ながらこの状況はまだしばらく続くのでしょうか。

Kindle↓


DLsite↓
義兄の裸・男前すぎる父

Digiket↓
[想元ライブラリー] の【義兄の裸・男前すぎる父】

Booth↓
想元ライブラリー

■既刊分はこちら
『流刑の島』
『父と息子の裸祭』
『覗き・刺青の男』
『浪速親父の淫らな純情』
『黒潮―カツオ漁師の熱い夜』
『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』
『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』
『失踪の森【後編】―捜査一課・田所警部の覚醒―』
『父子男色酒蔵』
『再見―台北の男【前編】』
『再見―裏切る夜【後編】』
『夜這いの村-マタギ伝承-』
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL