想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ 『戦後短篇小説再発見2 性の根源へ』

『戦後短篇小説再発見2 性の根源へ』

戦後の優れた短篇をテーマごとに集めた同シリーズ第2巻のサブタイトルは「性の根源へ」。
坂口安吾や吉行淳之介、新しくは村上龍に至るまで、様々な形の性愛を描いた11作品が収録されている。

本書を最初に読んだのは、ゲイ官能小説を書こうと思い立った2013年頃。
フランス書院やBLの名作、団鬼六や宇能鴻一郎の作品、もちろんゲイ雑誌に掲載された著作を手当たり次第に読みふけった中の一冊だったけれど、あらためて再読してみると、やはりさすがの味わい深さである。

特に好きだったのが、河野多恵子の『明くる日』と野坂昭如の『マッチ売りの少女』。
共に、小説としての面白さはもちろん、ゲイから見て、男性が実に官能的に描かれている点が共通している。

『明くる日』は、子どものいない一組の中年夫婦の日常を綴った物語だ。
肺結核という妻の病気を理由にあえて子供をつくらなかったという事実と、実際は子どもができない体だったという事実の間で揺れる妻・央子と、夫・島田の微妙な関係が描かれる。

央子の視点で描かれるため、島田は脇役ではあるのだけれど、その言葉や行動はとても男性的であり、性的である。

『マッチ売りの少女』は、母親の情夫に強姦されたことをきっかけに、大阪・釜ヶ崎の街娼にまで身を堕とすお安が主人公。
軽い知的障害があり、名前も顔も知らない実父の面影を、自分を抱く男たちにひたすら重ね続ける姿は、せつなくも愛おしい。

父のイメージを重ねたいがため、お安は若い男ではなく、ひたすら中年以降の男を好む。
お安を抱く、大工の継父、ヒモの男、酔っ払いの親父らは、どうしようもなく下劣だけれども、なぜか抗い難い性的魅力を放っている。

日活ロマンポルノの名作『赫い髪の女』の原作として知られる、中上健次の『赫髪』も収録。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL