想元紳市ブログ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画 ≫ 『アブソリュートリー・ファビュラス:ザ・ムービー』

『アブソリュートリー・ファビュラス:ザ・ムービー』

90年代から数シーズンに渡ってイギリスのBBCで放送され、とりわけゲイの間では絶大なる人気を誇るコメディドラマ『アブソリュートリー・ファビュラス』。

2016年に本国で大ヒットを記録した劇場版が、未公開だった日本でもオンデマンドで配信されていることを知り、すぐさま鑑賞した。

234.jpg

主人公はPRエージェントのエディナとファッション・ディレクターのパッツィー。
おバカな中年女2人が巻き起こすハチャメチャな騒動と強烈な言動の破壊力は、やはり同時期ゲイに人気のあった『セックス・アンド・ザ・シティ』の比ではない。

酒・タバコ・ドラッグは日常のこと。実在のセレブの名を出して痛烈に皮肉る風刺や露悪趣味に溢れた過激さは、さしずめ日本なら放送禁止レベルである。

もちろん、劇場版はさらにパワーアップし、60人を超えるというセレブのカメオ出演や華やかなドラァグクィーンたちを見るだけでも楽しい。

123.png

物語は、至ってばかばかしく単純だ。

ケイト・モスがPRを解雇したと耳にしたエディナが、契約を結ぼうとパッツィーと共にパーティーに乗り込む。ところが、バルコニーにいたケイト・モスを誤ってテムズ川に突き落としてしまい、殺人の容疑者として警察から追われるはめに……。

限りなくB級映画の面白さではあるが、至るところにゲイ的なテイストが満載。またファッション業界に多少なりとも通じていれば、散りばめられた内輪ネタも、大笑い間違いなしだ。

ちなみに邦題『ザッツ・ファビュラス!』は、あまりにも酷すぎるのでないものとした方がいい。

映画を満喫した後、パッツィーを演じたジョアンナ・ラムレイについて何気に調べていたら、2016年『Joanna Lumley’s Japan』なる3回シリーズの番組がイギリスで放送されて話題になったことを知る。

987.jpg

ネットにアップロードされているの見つけ、観始めたらとても上質なドキュメンタリーで驚いた。AFファンにしてみれば、あのチープな毒舌女のパッツィーが日本を旅していると思うだけで興奮ものだ。

ジョアンナが、自ら車を運転し、新幹線に乗り、自分の足で歩き、北海道から沖縄まで何日もかけて縦断するのである。しかも、ありきたりな日本の観光地紹介ではない。

北海道ではタンチョウ鶴の群れを鑑賞し、アイヌの末裔にその歴史について尋ねる。札幌雪まつりでは、自衛隊が巨大な雪像を作っているという事実に注目し、福島では避難区域に足を踏み込む。中山道や四国の巡礼の道を実際に辿り、京都の舞妓からは本音を聞き出そうとする。戦争末期、大勢の若き兵士たちが自害したという沖縄のトンネルを歩いて思わず嗚咽する姿もみせた。

イギリスでは、熱心な社会活動により非常に影響力のある女性の一人として認知されていることを知ったが、この番組もそれに価する深い内容だった。薄っぺらい政治的発言で社会派を気取る日本の某大女優とはわけが違う。

1回45分の3回シリーズを一気に観てのめり込み、その前に観た映画のおちゃらけた内容が吹っ飛んでしまった。

9125.jpg

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL