想元紳市ブログ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『一条さゆり 濡れた欲情』TOP映画 ≫ 『一条さゆり 濡れた欲情』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『一条さゆり 濡れた欲情』

園子温、行定勲ら人気監督5人が28年ぶりに新作を発表する日活ロマンポルノ。

先に書いた『(秘)色情めす市場』と並び、誰もが認めるロマンポルノを代表する傑作のひとつが『一条さゆり 濡れた欲情』である。

監督は神代辰巳で、伝説のストリッパー一条さゆりが本人役で出演する。
主な舞台となるのは、大阪野田駅近くに実在した吉野ミュージック劇場。実際、一条の引退興行が行われたストリップ劇場だ。

猥褻物陳列罪で、何度も警察に検挙されながら、毅然と最後の舞台に立つ一条の姿が描かれる一方、事実上の主人公ともいえるのが、伊佐山ひろ子扮する一条に張り合う新人ストリッパーである。

2016-11-16_convert_20161117182401.png

はすっぱで、しみったれていて、男にだらしない、滑稽極まる女を演じた伊佐山ひろ子が抜群に魅力的。とっかえひっかえ着る安っぽい衣装もぴったりだ。

2016-11-16_(1)_convert_20161117182414.png

表向きはおべんちゃらを並べながら、裏で意地汚く悪口を言いまくる。
とはいえ、せいぜい草履を隠したり、楽屋の鏡に落書きしたり、平気でうそをついたり、といった軽いイタズラ程度で、心根では一条に憧れているのは明らか。
実は、この女も一条の持つもう一つの顔を象徴させた存在だったのかもしれない、とすら思えてくる。

先日、伝記『一条さゆりの真実』を読んだばかりなのだが、公言していた彼女の生い立ちや経歴には嘘が多く、相当の虚言癖の持ち主だったことが暴露されている。

2016-11-16_(3)_convert_20161117182426.png

共演は他に、伊佐山とレズプレイを演じながら反りが合わないストリッパー役に白川和子。また、高橋明や粟津號らロマンポルノに欠かせなかった男優陣が相手役を務めているのも見逃せない。

ちなみに一条は、ストリッパー引退後、間夫に放火されて大火傷を負うなど、波乱の半生を送り、貧困と孤独の中で1997年大阪釜ヶ崎で68年の生涯を終えている。
伝記の著者・加藤詩子は、実際に晩年の白川と交流のあった人物で、並々ならぬ愛情あふれた力作である。

 


スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.09.14Thu 05:17 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。