想元紳市ブログ

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP映画 ≫ 『どっこい! 人間節』

『どっこい! 人間節』

世界的評価も高い、小川紳介プロダクション製作のドキュメンタリー『三里塚』シリーズは知っていたが一度も観たことはなく、本作はその存在すら知らなかった。最近DVD化されたものを鑑賞。

1975年公開で、サブタイトルが「寿・自由労働者の街」であるとおり、東京の山谷、大阪の釜ヶ崎と並ぶ三大ドヤ街、横浜寿町に生きる男たちの姿を追ったものである。

一泊数百円の簡易宿で生活しながら、日雇い労働を求めて寄せ場に集まる男たち。彼らは、撮影当時で寿町におよそ5000人、3分の1は生活保護を受けながら、その日暮らしをしていたという。みな昼間から浴びるように酒を飲み、それぞれ何らかの事情を背負って身寄りもなく孤独に生きている。

92121_convert_20160924111204.jpg

前回の『(秘)色情めす市場』の舞台もしかり、先日は釜ヶ崎で晩年を過ごした伝説のストリッパー・一条さゆりの伝記を興味深く読み終えたばかりである。

一度もそれら地域に足を運んだことはないものの、なぜか強く惹かれてしまうのは、人間本来の剥きだしの生き様を否応なしに見せつけられるからだ。

本作を観ると、普段テレビで放送されているドキュメンタリーやノンフィクションの類が、視聴者向きに甘い味付けがされたただのショーに思えてしまう。

撮影隊は1年近く、男たちとドヤで生活を共にし、インタビューでなく同じ目線で語り合う。男たちの多くが、あたかもカメラが存在しないかのように振舞うのは、そうして培った関係のたまものだろう。

93_convert_20160924111145.jpg

また、究極のドキュメンタリーとは、長回しの撮影につきるのではないか、とも思えてくる。
何気ない仕草や表情に、その人の真意や本性が垣間見えて、ドキリとしたことが度々あった。

例えば、年越しのある日、腹が痛いとボランティア診療所を訪れた通称クマさん。テレビなら通常カットしてしまうところまで、克明に記録される。最初のおびえたような不安顔、看護婦にたしなめられる表情、わずかに安堵して診察室を出ていく後姿は、一本のドラマ以上に多くを語っていた。

自分はかねてから、70年代に30代前後だったの日本人男性の風貌をとても色気があると思っている。今のその世代が一様に幼く見えるほどに、彼らは成熟した男らしさを匂わせている。
撮影後まもなく他界したクマさんも、40代半ばには見えない、疲れた老け顔にも関わらず、面立ちそのものは実に端整だった。

主な舞台となる双葉会館や寿公園を、ストリートビューで調べてみると、そのまま現存していることがわかった。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL