想元紳市ブログ

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP映画 ≫ 『彼方から』

『彼方から』

第25回レインボー・リールにて、『彼方から』を観た。2015年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作である。

ベネズエラの首都カラカス。
歯科技工士の中年アルマンドは、見ず知らずの青年を部屋に誘い、自慰の対象とする性癖を持っている。お金を介した、その場限りの関係だ。ところが、一人の青年エルデルとの出会いが、二人を予期せぬ展開に導いていく。

そもそも、部屋に招いたあと、いきなり殴打され、金品を盗んで立ち去った悪党がエルデル。にもかかわらず、アルマンドは執着してつきまとう。おそらく、そこまでエルデルに惹かれる理由を自分自身で掴みかねたまま。
かたやエルデルは、最初は金銭目当てから、徐々に心を開き、その後急激に熱くなっていく。

無意識の領域で、二人を深く結び付けたものがあるとしたら、共に抱える父という存在の欠落だ。
アルマンドは、父と絶縁状態で、最近カラカスに戻ってきたことに動揺しつつも、遠くから眺めることを止められない。
エルデルにも父はおらず、母は何やら奇妙な違和感を感じさせる人物である。

とりわけ、アルマンドの閉ざされた心の闇は相当に不可解で、映画の語り口があまりに寡黙なことも相まって、いよいよ曖昧さを増してくる。

その結果、本作を観た人は、それぞれ異なる受け取り方をするようだ。

08FROMAFAR-facebookJumbo_convert_20160717222401.jpg

自分はというと、ルキノ・ヴィスコンテイの『ベニスに死す』を思い出した。

テーマは同じ、歳の離れた男同士の究極の愛だ。

もちろん、「究極」の解釈は違うし、二つの物語は全く異なる。
それでも例えば、海辺で岩場に寝ころんだエルデルを捉えるアルマンドの視線は、砂浜に立つタジオを眺めるアシェンバッハを彷彿とさせる。

thumbnail_24445_convert_20160717222413.jpg

Venice_convert_20160730211803.png

二作品が決定的に別の展開に至るのは、アシェンバッハの想いが、最後まで一方通行で精神的にも肉体的にも成就せず終わるのに対し、アルマンドとエルデルはついに激しい情交を持ってしまうからである。

アルマンドは、ある距離を保った、言わば未完の関係を望んでいた。その証拠に、青年たちを部屋に招いても、裸体を見るだけで一切手を出さない。そこには、何やら呪縛めいた悲劇の影が見え隠れする。

劇中では全く明らかにされない、アルマンドが父を嫌悪している理由と、もしかして深く関係しているのかもしれない。

一線を越えてしまうのはエルデルであり、それゆえ、アルマンドは、ある決断を余儀なくされる。

やっと呪縛のケージに戻った安堵を、ラスト、アルマンドが見せる表情に、自分は見た気がした。
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL