想元紳市ブログ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『特別な一日』TOP映画 ≫ 『特別な一日』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『特別な一日』

ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが組んだ9作目にあたる、1977年公開の『特別な一日』。

第二次世界大戦前夜の1938年5月8日、ヒトラーがローマのムッソリーニを公式訪問し、盛大なパレードが行われた、イタリアにとって歴史的な一日が、同時に、一組の男女にとって特別な一日となる。

夫と6人の子供たちとのがさつな日常に疲れきった主婦のアントニエッタ。
家族や団地の住民全員が、パレードの沿道応援に行ってしまい、一人留守番のアントニエッタが、同じく一人残っていた隣人の中年男ガブリエレと、ふとしたことがきっかけで知り合う。

思いやりのない夫とは全く違う、柔和でユーモアのあるガブリエレに、アントニエッタは、急激にのめり込むように惹かれていく。

一方、ある理由でラジオ局の職を追われ、ほとんど絶望していたガブリエレも、明るいアントニエッタにつかの間の笑いと安らぎを見出す。

ガブリエレが言う。

「人生は様々な瞬間でつくられている。笑う瞬間も突然やってくる。くしゃみと同じだ」

ガブリエレにとって、アントニエッタはふいに訪れたそんな存在だった。

ともに、人には言えない苦悩と秘密を抱えている。

団地の屋上の洗濯物干し場で、ついに二人は本音を吐き、衝突する。

11121_convert_20160425155253.jpg

ガブリエレは、反ファシスト的思想の持主だったが、職を追われた理由はそれではなかった。
アントニエッタの赤裸々な誘惑を、強張ったまま受け入れない。
なぜなら、彼は同性愛者だったのだ。

しかし、アントニエッタのガブリエレに対する感情も、本物の愛とは思えない。己の劣等感や日常の鬱屈の爆発であり、自分の存在を認めてもらいたいという強烈な渇きである。

714777_convert_20160425154118.jpg

団地内だけの、ほとんど二人芝居であるからこそ、名コンビの味わい深い演技が際立つ。
とりたてて映像美に凝ったわけでもないのに、どのシーンを観ても絵画のように美しいのは、画面の中に二人が放つ確かな存在感があるからだ。

夕方、歓迎パレードを終え、団地の住民や家族が戻ってきたことで、もちろん二人のつかの間の関係も終わる。

ガブリエレの行末を、無言のまま窓から見ている、アントニエッタの表情。
当時40代半ばを迎えていたソフィア・ローレンの、円熟した美しさが圧巻である。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。