想元紳市ブログ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『異常性愛記録 ハレンチ』TOP映画 ≫ 『異常性愛記録 ハレンチ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『異常性愛記録 ハレンチ』

当時の人気ゲイボーイが揃って出演しているという理由で観た、1969年公開の東映映画『異常性愛記録 ハレンチ』。

監督は、『網走番外地』シリーズで知られる石井輝男。同シリーズの大ヒットで人気監督の地位を不動にしながら、同時に『徳川女系図』などいわゆる「官能エロ・グロ系」の作品も多数製作していた。

本作もその一連の作品のひとつであるが、正直、映画としては、奇抜さと作り手たちの異様な熱量以外、観るのは辛い。

バーのママ・典子をめぐる、不倫相手でストーカーの変態親父・深畑と、誠実な建築家・吉岡の三角関係の話である。

深畑が、ゲイボーイ遊びも好きだったということから、いよいよ御一行の出番である。ゴーゴークラブらしき場所でダンスしながら、深畑にそれぞれ自己紹介して自分を売り込むという少々意味不明のシーン。

ご存じ吉野ママがその場を仕切り、青江ママら、次から次へと登場する。

97456.png

戦後すぐ、吉野ママと青江ママが働いていた、新橋烏森にあったゲイバー第一号的存在の「やなぎ」については、以前書いたこちらを参照。→野地秩嘉『日本のおかま第一号』

7454.png

吉野ママは、『網走番外地』シリーズの数作にも出演しており、その繋がりだろうか。

9345.png

カルーセル麻紀ら数々の人気ゲイボーイを輩出し、かつてパリにも店を持った銀座「青江」の青江ママは、おそらく当時の持ち芸、軍隊上がりネタをここでも披露する。

9365.png

そして、戦後のゲイシーンを綴った書物にしばしばし登場し、以前からとても興味があった、伝説のゲイボーイ、ケニー。

ここでは顔を黒く塗り、ダイアナ・ロス風のいでたちで登場するのだが、華のある美しさはやはり群を抜いている。どこを切り取っても絵になる笑顔には、確かにカリスマ性がある。

7451.jpg

こちら、若き日のポートレイト写真。
「青江」の一期生として人気を博し、抜群の美青年ぶりで当時その界隈で知らぬ人はいなかったという。後に、新宿のコマ劇場裏に自分の店を持つが、若くして亡くなったらしい。

鈴木清順監督の映画『暗黒の旅券』(1959年)にも出演しているらしいのだが、残念ながら観る機会がない。

今も現役の丸山(美輪)明宏、ピーターは出演していない。
ピーターは本作と同年公開の『薔薇の葬列』に主演したためか。一方の丸山も前年に映画『黒蜥蜴』に出演している。
当時の、ゲイボーイブームの一端が垣間見えるようである。

出演予定だったカルーセル麻紀は、何らかの理由で降板したらしい。深畑と実際にプレイする、カルーセルの代役を務めたのが、やはり当時人気のあったジミ―。
ジミ―も、ケニーと同じく「青江」を経て、新橋に自分の店を持ち、天井桟敷の公演にも出演していたらしい。

ちなみに、ケニー、ジミ―と続き、もう一人ハリーという有名な美少年のゲイボーイがいた。彼は、ケニーの店から独立し、中野駅北口に自身のゲイバーを持っていたらしい。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。