想元紳市ブログ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画 ≫ 『愛しのグランマ』

『愛しのグランマ』

日本未公開だった『愛しのグランマ』をDVDにて鑑賞した。

主人公は、かつて著名な詩人として名をはせたレズビアンのエル。
38年連れ添った恋人ヴァイオレットを1年半前に亡くし、その後4か月つきあった年の離れた恋人オリヴィアとも破局したばかりだ。

そんなエルのところに、ある朝突然、孫娘セージが訪ねてくる。
母に内緒で、中絶するためのお金を借りるためだった。
しかも病院の予約は、その日の夕方……。
手持ちの現金のないエルは、費用を工面するため、セージを助手席に乗せて車を走らせる。

565486_convert_20160320141041.jpg

このエル、相当短気で、明らかに性格が悪い。
二言目には嫌みを放ち、人前でも平気で悪態をつく。
オリヴィアと別れるとき、ヴァイオレットとの38年に比べれば、4か月なんてただの脚注程度の付け足しだ、とまで言い放ち、酷く傷つけてしまうのである。

当然、エルは行く先々でも喧嘩し、なかなかお金を工面できない。
仕方なく、疎遠になっている娘のジュディに対面せざるを得なくなる。

ところが、一夜の男との間にもうけた娘ジュディも、エルに輪をかけて怒りっぽく口の悪い女だった。
つまり、エルとジュディの母娘は驚くほど似た者同士なのである。

5661552.png

なんとか無事セージの中絶手術を終えてから終盤が、実はこの映画の、味わい深い見どころだ。

ジュディとセージを先に帰し、故障した車を修理に出してから、一人タクシーに乗って帰路につくエル。

車の修理工の男から、迎えに来てくれる人はいないのかと問われたことで、エルは改めて今の孤独を思い知る。
おそらく、未だ消えないヴァイオレットを亡くした喪失感、そして口汚く追い出してしまったオリヴィアのこと……。
また、娘や孫娘とのつかの間のふれあいが、今さらながら、おのれの刺々しい言動や心の闇を浮かび上がらせる結果に。
そしてついに、エルは勇気を出して、ある行動に出るのである。

エルを演じ、実生活でもレズビアンであるリリー・トムリンの、なんとも味のある演技は、文句のつけようがない。
これだけの大女優でありながら、映画の主役をはるのは、なんとベッド・ミドラーとWキャストで笑わせた『ビッグビジネス』以来だというから驚く。
本作で、ゴールデングローブ賞にはノミネートされたようだが、間違いなくアカデミー主演女優賞級の出来だと思う。

セージやヴァイオレットを演じた女優陣、さらにエルの昔の男を演じたサム・エリオットらも、みな好演。
また、娘ジュディを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンのさすがの芸達者ぶりにも心酔した。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL