想元紳市ブログ

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP映画 ≫ 『バベル』

『バベル』

A・G・イニャリトゥ監督の『バベル』を久しぶりに観た。
2006年の映画だが、何度観ても、胸が締め付けられるような感動はいささかも色褪せることがない。

大きく分けて三つの物語が並行して進む。

モロッコ。
放牧民一家の幼い兄弟。
父のライフルで遊んでいるうち、弟の撃った弾がたまたま眼下を通りががった観光バスに的中してしまう。
バスに乗り合わせ、運悪く銃弾を受けたのがアメリカ人女性のスーザン。夫のリチャードと夫婦関係を修復するための旅の途中だった。

東京。
母の自殺以後、互いにわだかまりを抱えて生きている父と女子高生の娘、千恵子。
千恵子は聾唖者で、父だけでなく周囲との疎外感に人一倍苦しんでいる。

アメリカ。
二人の子供のベビーシッターをしているメキシコ人の中年女性。
子供たちの両親が約束の日に帰宅できなくなったことから、止む無く二人を伴い、息子の結婚式に出席するため国境を越える。式を終えた帰路、命がけのトラブルに巻き込まれる。

3595999_convert_20160218090620.jpg

遠く離れた場所の三つの物語を繋ぐのは、一個の銃である。
構成は複雑だが、決して難解というわけではない。

本作のテーマを一言で述べるとするならば、「言葉が通じない恐怖」だ。

現に、モロッコでは英語とアラビア語、アメリカとメキシコでは英語とスペイン語、東京では聾唖者と健常者という言語の違いが、さまざまな摩擦と苛立ちを生む。

だが、ここでいう「言葉」とは、文字通りの意味だけではない。
心が通い合わない、気持ちが伝わらない恐怖だ。
登場する人物の誰一人として悪意はなく、むしろ善人たちである。
だからこそ、彼らが否応なく背負う苦悩は、見ていて辛い。

そして、もう一つのキーワードが親と子である。

東京の父と娘、そしてモロッコの父と幼い兄弟。
息子の結婚式に出たかったという気持ちが悲劇を巻き起こすメキシコ人の女。
さらにリチャードとスーザンの不仲の原因には、どうやら死んだ三人目の子供のことが深く関係しているらしい。

映画のラストの添えられた、監督による献辞は、この流れを受けるものだろう。

「わが子供たち
マリアとエリセオに
最も暗い夜の
最も輝ける光」

三つの物語のうちでは、東京が一番切ない。
坂本龍一の美しいピアノ曲『美貌の青空』が流れる東京の冷たい夜景。
役所広司、二階堂智、そして世界中で絶賛された菊地凛子の演技が素晴らしい。

5451354_convert_20160218090636.jpg

 

スポンサーサイト

Comment

おじゃましにきました
私も当時映画館でみました。
美しいピアノ曲が坂本龍一とは知りませんでした。

私は最近 映画に詳しい方からいったら
『何を当然なこといってるんだ』といわれそうですが
映画において『撮影監督』がいかに重要なのかようやくわかってきました。
イニャリトゥ監督はエマニュエル・ルベツキと組んでから
また違った世界観を手にいれましたね。

イニャリトゥ監督の最新作『レヴェナント:蘇えりし者』も
見に行くつもりです。ご覧になる機会がありましたら
想元紳市さんのご意見もお聞かせ下さい。

2016.02.27Sat 19:44 ≫ 編集
Re: おじゃましにきました
ライアン様

エマニュエル・ルベツキに注目するなんて、相当通です。

『レヴェナント』は通常、パスしてしまうタイプの映画なんですが、二人の作品だと思うと、一筋縄ではなさそうですね。
これから力作の公開が続く時期なので、観たい映画が多すぎて困ってしまいます。



2016.02.28Sun 09:16 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL