想元紳市ブログ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画 ≫ 『秋日和』

『秋日和』

前回に引き続き、好きな小津映画をもう一本、1960年公開の『秋日和』。

彼岸花』とコンビをなす作品である。
ともに原作は里見弴の小説で、雰囲気も役者陣も実によく似ている。

本作で中心になるのは、母と娘だ。
一人ぼっちになる母のことを心配し、結婚などしないと意地を張る娘。

Late-Autumn-1960-film-images-ce07cf8a-a13d-4cad-b560-1e8de95db95_convert_20160127200656.jpg

未亡人の母・秋子を原節子、適齢期を迎えた一人娘のアヤ子を司葉子。
亡き夫の悪友たちを、佐分利信、中村伸郎、北竜二という『彼岸花』と同じ三人組が演じる。

親父三人が、秋子を先に再婚させれば、娘は嫁に行くはずだと考え、ほとんど悪乗りのおせっかいをすることから、母と娘の関係をぎくしゃくさせてしまう。

図に乗る親父たちを厳しく諫めるのが、アヤ子の親友・百合子である。
目上だろうと遠慮なくものをいい、したたかで、ある意味すれっからしとも言える百合子を演じた岡田茉利子が実にフレッシュだ。
「ふーんだっ」「いーだっ」なんて言葉、久しぶりに聞いた。

5_convert_20160126232422.jpg

とはいえ、せいぜい拗ねたり、心にもない意地悪を言ったりする程度で、どの関係も深刻にこじれることはなく、物事は落ち着くべきところに、ちゃんと落ち着く。
一時は母を誤解し、不潔だとののしったアヤ子も、とうとう佐田啓二演じる青年との結婚を決める。

結局、どこまでものんびりとした、平和な物語だ。

「世の中なんて、みんなが寄ってたかって複雑にしているんだな。案外簡単なものなのにさ」

一段落し、佐分利がしみじみと呟くこの台詞は、いかにもこの映画の展開を言い得て妙。

終盤、アヤ子の結婚が決まり、母と娘は、ふたり最後の旅で伊香保に行く。
旅館や食事処で、娘にしみじみと語り聞かせる秋子の味わい深い佇まいは、まさに原節子の独壇場だ。

全編を通して、秋子は、折に触れて同じ言葉を繰り返す。

アヤ子に、自分が嫁に行ったら寂しいかと聞かれて、
「寂しくたってそんなことしょうがないわよ。我慢しなきゃ。お母さんのお母さんだってきっと我慢してくれたのよ。そういうもんよ、親子って」

別のシーンでは、百合子から、アヤ子がいないと寂しいかと聞かれ、
「寂しくたってしょうがいないわよ。あの子が幸せになるなら。そんなこと我慢しなきゃ」

「しょうがない」という言葉に象徴される、諦めというより達観、受容ともいえる人生観が、物語の根底を流れている。

その意味で、本作は『彼岸花』と対をなす作品であるばかりでなく、自分は『東京物語』を思い浮かべる。

秋子の義兄・周吉を演じる笠智衆が、原が未亡人のままでいることをずっと心配しているという設定も同じ。

『東京物語』が老妻に先立たれ一人になった笠の孤独な姿で終わるのと同様、本作も、娘を嫁に出した秋子が、一人部屋で物思いにふけるしみじみとした姿で幕を下ろすのである。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL