想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『悪魔のいけにえ』

『悪魔のいけにえ』

今年公開40周年ということで、再び注目を浴びている『悪魔のいけにえ』。

言わずと知れた、ホラー映画の金字塔である。
すべてのスプラッター・ホラー映画は、この映画に始まり、この映画に戻ると言っても過言ではない。
リマスター版を観て、改めてその思いを強くした。

本作の特徴を一言で述べると、徹底したミニマリズムにつきると自分は思う。

ストーリーそのものも、いたって単純である。
残虐な墓地荒しと、死体損壊に揺れるテキサスの片田舎に、一台のワゴンカーに乗った5人の若者がやってくる。
メンバーの祖父の墓の確認と、祖父の廃家を探検するのがメインの目的らしい。
やがて彼らは次々と、廃家の近所に住む狂人一家の犠牲となる。

余計なものは完璧に省略され、今起こっている恐怖と、残虐な殺人行為だけをひたすら追い続ける。
過去も、理由も、動機もない。
そこにあるのは、恐怖と不条理、ただそれだけだ。

5人の若者は、車いすの兄、その妹カップル、友人カップルという間柄がわかるだけで、個人的事情は不明。
一方の狂人一家も、「レザーフェイス」と呼ばれる人面皮を被った男、その兄(あるいは弟?)、死にかけの祖父、父親なのかただの料理人なのかよくわからない中年親父の四人。

この最低限の人間関係すら、ささいな会話から推測するにすぎず、信憑性を確かめる術はない。

それでいて、ささいな日常のディテールは、徹底的にリアルで細かい。
例えば、ガソリンを譲り受けるために、持ってきたギターを担保にしたらどうか、などとどうでもいい会話が続く。
娘を助手席に拉致し、車で運ぼうとした中年親父は、照明を消すの忘れたと言って、わざわざ家に戻る。
悪の象徴「レザーフェイス」すら、ときに滑稽で、無様な仕草を見せる。

本作が、その後量産される安いスプラッター映画と決定的に違うのは、殺人鬼を、決して悪のヒーローに造形していない点である。
そのため、都合よく現場に現れたり、またたく間に追いついたり、不死身のようによみがえったり、といった人間離れしたご都合主義は見られない。

そもそも、この映画のクライマックスは、残酷な殺害シーンではなく、ラスト、長い夜が明けたあとに来る美しい朝である。

texas-chainsaw-massacre-slice_convert_20160123090009.jpg

「レザーフェイス」が、朝焼けの中、踊るようにチェーンソーを振り回す、有名なラストシーン。
それはある意味、崇高なまでに美しい、とさえ言える。

また、人骨や鳥の羽、動物の毛など、雑多なゴミが奇妙に散乱する室内の様子は、そのまま現代アートだ。
恐怖に絶叫する女の瞳のアップも同様。緑色の虹彩や白目に走る赤い血管は、まさしく美そのもの。

ニューヨーク近代美術館に、マスターテープが所蔵されたのは、まさに正当な評価である。

 


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL