想元紳市ブログ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『誰でもない女』TOP映画 ≫ 『誰でもない女』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『誰でもない女』

たまたまテレビで観たノルウェー/ドイツ製作の『誰でもない女』は、上質なサスペンス映画で楽しめた。

舞台となるのは、ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦が終結した直後、1990年のノルウェー。

海軍で働く夫、優しい母、法律を学ぶ娘、生まれたばかりの孫と幸せに暮らしていたカトリネの元に、一人の弁護士が訪ねてくる。
政府に賠償を求めるため、裁判で証言をして欲しいというのだ。

戦時中、ドイツの民族戦略により、多くのノルウェー人の女性と、駐留ドイツ兵の間に子供が生まれた。
が、戦争終結とともに、女と生まれた子供たちは差別を受け、強制的に養護施設「レーベンスボルン(生命の泉)」に収監されるという黒い歴史があった。
子供たちには引き離されてドイツの施設に送られた者も多く、カトリネはまさにそんな一人だったのである。
やっと東ドイツを脱出し、ノルウェーに帰国、母と再会できたのは成人してからだった。

ところが、弁護士の依頼をカトリネは拒否し、そればかりか様子を一変させ、不可解な行動をとるようになる。
単につらい過去を思い出したくないからではなかった。
実は、カトリネは、東ドイツの秘密警察に属するスパイでもあったのだ。

maxresdefault+(2)_convert_20160122234922.jpg

冷戦の終結という平和への流れが、ナチス・ドイツ時代、さらに分断された東西ドイツ時代の負の遺産を白日の元にさらしていく。
弁護士の正義と善意が、予期せぬ不幸を生む。

カトリネが苦悩するのは、自分の正体がばれるということより、やっと手にした家族と幸せを失うかもしれないという恐怖からである。

そして、実は、それ以上の秘密があった……。
邦題は意味不明だが、原題の”Two Lives”は、その秘密を暗示している。

秘密警察の隠匿を企てるスパイ時代の関係者の手が、家族にも及ぼうとしていることを知ったとき、カトリネは決断する。
そうして迎えるラストが哀しい。

映画の前半、しばらく物語がわかりにくかったのは、「レーベンスボルン」はじめ、歴史の裏側に自分が無知だったからである。
観終わった後、いろいろ調べてみると、例えばABBAの一人、アンニ・フリッドはまさにそうして生まれた子供だったということも知ったが、彼らの出自は、今も触れがたい、微妙な遺恨を残しているらしい。

カトリネの母親を演じたのが、世界的大女優のリヴ・ウルマン。

映像に切り取られたノルウェーの自然と風土の美しさに、息をのむ。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。