想元紳市ブログ

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 『洲崎パラダイス赤信号』TOP映画 ≫ 『洲崎パラダイス赤信号』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『洲崎パラダイス赤信号』

1956年公開、川島雄三監督の『洲崎パラダイス赤信号』の舞台は、その名の通り、明治以降、吉原と並ぶ遊郭と称された洲崎の赤線地帯。

現在の江東区東陽一丁目にあたり、特に戦後は「洲崎パラダイス」の名で栄えた。
入口にあったネオン管で彩られたアーチ型の門は、この映画の中でも実に象徴的である。

suzaki99_convert_20160122235923.jpg

主人公は、お金も家もなくここに流れ着いた一組の若い男女。

新珠三千代演じる蔦枝は、元娼妓だけあって、口が達者で行動力がある。
一方、三橋達也演じる義治は、甲斐性がないばかりか、いつもふてくされて覇気がない。

「二言目には死ぬ死ぬって、人間死ぬときまで生きなきゃなんないですからね」

蔦枝は、早速、洲崎パラダイス入り口の河沿いに立つ、一杯飲み屋「千草」に飛び込み、住み込み女中の仕事を得る。
義治は、女将の紹介で嫌々ソバ屋の出前に。

互いに疎ましく思い、苛立ち合いながらも、やはり好きあっていて腐れ縁のように離れることができない二人。
蔦枝は、小金持ちの電気屋を捕まえ、義治には、ソバ屋の若い娘が心を寄せてくるも、二人は結局、元のさや。

また、「千草」の女将も、数年前に女と駆け落ちした夫を、未だ待ち続けているという設定である。
終盤、ついに、その夫が戻ってくるのだが……。

この映画の二年後、1958年の売春防止法施行と共に、洲崎パラダイスは閉鎖される。
変わりゆく時代と街……それでも滔々と流れる川のように、昔から変わらぬ男女の営み。

「あたしたち、この河の手前にいるのねえ。やっぱり、ここへ来たんだわ」

蔦枝が、しみじみとそう嘆いた洲崎の河も、今は埋め立てられて公園に。

実際に洲崎で撮影された、当時の街の風景だけでも必見の価値がある。
湾岸エリアの埋立地開発のため、頻繁に大通りを行きかうトラックの姿が、街のその後を予見させる。

冒頭とラストで、二人がたたずむ勝鬨橋だけは、今もその姿を残している。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。