想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ 桜木紫乃『誰もいない夜に咲く』

桜木紫乃『誰もいない夜に咲く』

7編からなる短編集である。
どれも短編とは思えない濃密な大人の関係が描かれていて、読後、徒労感にも似た余韻に浸る。
彼らは誰もが官能的だ。
それぞれに性的な匂いを秘めており、それが桜木紫乃の描く男女の魅力だと思う。

もちろん舞台は全て北海道。
出てくる男たちが往々にして精神的に弱く、生活力にも乏しい一方、女たちは強く、自立して生きている。

『風の女』は、離れていても、知らずと避けられない運命を背負う姉と妹の物語だ。
17で家を出たまま28年間行方がわからなかった姉の洋子の遺骨がある日届く。持ってきたのは有名な書家の男。
姉が家を出るとき、最後に残した言葉は「人は、逃げてもいい」だった。
既に両親は亡く、一人暮らす妹・美津江の28年と、あとで知る、姉の生き様と死に様。

「洋子は、長い時間をかけて逃げおおせたのだった。生まれた場所から逃げ、他人の思惑から逃げ、感情を繰りながら自分からも逃げ、もう誰も追いつけない場所へ行ってしまった」

女二人の半生が短いページ数にドラマチックに凝縮されている。

自分は、桜木の描く、疲れた中年の男たちに惹かれる。
例えば、ラストの『根無草』に出てくる古賀という男。

古賀は、あちらこちらを転々とし、土地の売買などお金になりそうな匂いを嗅ぎつけては動く、山師のブローカーだ。
新聞記者の六花が、寂れた田舎に住んでいた少女の一時期、家に月に一度出入りしていたのが古賀であり、些細な人生の機微を教えてくれた優しい男だった。
結局、古賀と父で計画していた起業は、父の浅ましい博打根性で頓挫し、その償いなのかどうか、最後の晩、古賀と母が交わる姿を目撃している。

時を置いて、古賀と六花が、札幌で再会する。
古賀は六花の書いたある記事を気に入っていると言い、暗唱する。

「梅花藻が川のせせらぎに身を任せる様子は、根のない草がようやく落ち着く先を得て安心しているように見える。だからこそ澄んだ水に礼を言うために、季節はずれの夏に梅の花を咲かせるのだろう」

古賀は、今や初老の佇まいだったが、後日、あることがきっかけで、六花は、知らなかった古賀の心の奥底に触れることになるのである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL