想元紳市ブログ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ 福島次郎『華燭』

福島次郎『華燭』

2000年前後に発表された中編二編を収録。
共に主人公は福島次郎を彷彿とさせる、熊本に住む同性愛者の高校教師だ。

表題作『華燭』の主人公・司は、近所に住む男四人兄弟の長男、三男の両方と性的関係を持ってきた。
家族ぐるみのつきあいをし、今や三男の結婚式には仲人として出席するほどの間柄である。
当然、両親は司の本性を知らない。

司が、欲望のおもむくまま少年愛を貫く身勝手さは、正直、ゲイから見てすら嫌悪感を覚えさせる。
救いようのない自己のエゴを曝け出すところに、この小説の力があることは確かだが、終盤、司はさらなる欲望を露見させる。
三男の結婚式を終え、司の自宅で内輪の披露宴が行われる。
泥酔して眠り込んだ兄弟の父親・邦雄だけが、仕方なく家にとり残される。
邦雄の武骨な寝姿に、司はなんと欲情を覚えるのだ。

『ランニングシャツとステテコになった邦雄のシャツごしの盛り上がった胸の形も、太い青筋の張った漁師並みの腕と毛蟹のような手の甲も、スポーツで鍛え上げたものとは一寸違う、肉体だけで暮らしてゆくことの長い闘いを重ねてきた男の強さも悲しみも、秋灯の下に露呈されている感じで――司のものが、われにあらず勃起していた』

いっそのこと、邦男に手を出してみようかと思い悩む司の姿に、あっぱれとも言える業の深さを見た。

もう一篇『霜月紅』の主人公は、高校教師を定年退職した66歳の南。
若い頃、臨時教師として赴任した東北の高校。
創立記念の式典に招待され、44年の時を経て再訪する。
南の心を占めているのは、一度だけ関係し、一方的な想いをつのらせたかつての教え子との再会だ。

ところが、今やひ孫までいる彼は残酷なほどに変貌してしまっている。
その姿に失望しながらも、南はこう思うのである。
自分の若い頃の過ちが、彼のその後の人生に影を落とし、これほどまでにむごい老け方をさせてしまったのではないか……。
なんというエゴと自己愛。

教え子の他にも、当時世話になった旅館の主人、一方的に自分に好意を寄せ続けた女教師の心のうちに触れ、司は人間の内なる闇を垣間見る。

『剣と寒紅』に関するトラブルにより、福島は文壇から距離を置かざるを得なかったはずだ。
それがなければ、おそらく三度目の芥川賞候補になっていたのではないか、とも思える濃密な物語である。



スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL