想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

ロビン・ウィリアムズを追悼し放送された『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』を久しぶりに観た。

米映画界を代表するコメディー俳優が自死したというニュースには、少なからずショックを受けた。
重い鬱病に苦しんでいたというが、そのことに関しては、あまり意外な気はしない。

彼はおそらく、相当に不器用な役者だったのではないかと思う。
例えば、ロバート・デ・ニーロのように、変幻自在に様々なキャラクターを演じ分ける俳優とは違い、自分自身に直結し、共感できる役柄しか演じることができなかった。
饒舌で、人を笑わせ希望や夢を与える、しかし、その裏側には深い孤独や哀しみを抱えた善人。
演じた人物全員が、多かれ少なかれロビン・ウィリアムズ本人に重なって見える。

人は誰しも、自らの表と裏のギャップに苦しむものだが、彼の場合、華やかな世界ゆえに、ふたつの乖離はずっと大きかったはずだ。

訃報を伝えるある記事で、長年の友人がこう回想しているのを読んだ。

「彼は三人でいると、底抜けにおしゃべりで楽しい男だが、二人きりになると、まるで狭いエレベーター内に赤の他人と居合わせたような居心地の悪さを感じさせる男だった」

good-will-hunting-20_convert_20160121220723.jpg

自分は、特に『レナードの朝』と『フィッシャー・キング』が好きだが、アカデミー助演男優賞を受賞したこの『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』を代表作に挙げる人も多いだろう。

天才的な頭脳を持ちながら、生い立ちにトラウマを抱え、肉代労働に甘んじている青年ウィルと、彼のセラピーを行うことになった心理学者ショーン。

ショーンも、妻の死の喪失からまだ立ち直っていないという設定で、ウィルの成長と同時に、ショーン自身が前に踏み出す決心を描いている点に、この映画の肝がある。

ウィルは最初、ショーンを拒絶し、いかにも天才の理論で言い負かそうとする。
そんなウィルに、書物で得る知識よりずっと大事なものがあることを教えていく、ショーンの言葉の数々がいい。

「君は不完全だ。彼女も完璧なんかじゃない。大事なのはお互いの存在価値だ。それが愛情の全てだよ。こればかりは実践しか方法がない。私にも教えられないし、たとえ知ってても教えやしない」

描かれるのはウィルとショーン、二人の関係だけではない。

ウィルと親友の関係、さらに、ウィルの才能を発見し、開花させようとするランボー教授とショーンの関係も。
二人は学生時代の同級生で、ランボーが研究者として名声を得た一方、ショーンはパッとしない心理学者に終わり、勝者と敗者として、長年の確執を抱えてきたという間柄である。
しかし、ウィルを立ち直らせることができるのはショーンしかいない、と考えたのはランボーである。

内面に苦悩を抱えた、まれにみる天才というのは、アメリカ映画が好んで描くキャラクターで、別に珍しくもないテーマだ。
それにも関わらず、繊細で温かな感動を持ち得たのは、ガス・ヴァン・サント監督の手腕に負うところが大きいと自分は思う。

 



スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL