想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』

山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』

山内マリコのデビュー短編集『ここは退屈迎えに来て』。

「地方都市に生まれた女の子たちが、ため息と希望を落とした8つの物語」と帯にある。

「ここ」とは、文字通り「地方都市、田舎」のことであるが、単なる場所ではない。
「鬱屈とした今の私」であることは読み進めていくと次第にわかってくる。

主人公は、とある田舎町に住む、普通の女の子たちだ。
対極として東京や大阪など都会があり、それぞれの夢と現実、挫折が綴られる。

本書を読んで、自分は林真理子の小説を思い出した。
ただ、林の描く女の子たちが持つ毒や野心はここでは希薄で、みな、どこまでも凡庸。
妄想するばかりでたいして思いきった行動を起こそうともしない。

「知り合いだらけの小さな町で育った彼女には、東京の匿名性がことのほか気持ちいい」という一文があるのだが、読後に感じるのは、むしろ田舎と登場人物たちの匿名性の方だ。

8編は、同じ一つの田舎を舞台とし、人物関係も微妙にオーバーラップするが、はたして、それが具体的にどこの田舎で、どのような時間関係なのかは曖昧なまま。
一読した限り、異なる8篇の主人公の誰もが同一人物のように感じられるのは、匿名性に起因する、あまりの平凡さゆえである。
あるいは、おそらく全員が露骨に山内マリコなのだろうと思う。

ただ一人だけ、全ての短編に顔を出すのが、椎名という少年。
バトンのように、8つの物語を繋いでいくが、かといって、椎名の人物像もそのことで多面的に浮き上がるわけでもない。

山内マリコと言えば、知る人ぞ知る映画通。
彼女のブログ”The World of Maricofff”は以前、何度かのぞいたことがあった。
昭和の日本映画、とりわけ女優に対する偏愛ぶり満載のブログで、その嗜好は、ここでもあちらこちらに顔を出す。

最初の短編『私たちがすごかった栄光の話』の冒頭では、主人公が映画『ティファニーで朝食を』のラストシーンをこう語る。

「ヒロインのホリー・ゴライトリーは、実は最悪の田舎から脱走してきた南部出身の女の子だけど、都会で幸せを見つけてめだたしめでたしというわけ。大団円を盛り上げる名曲『ムーンリバー』に煽られて、うっかり感動しそうになるけれど、ちょっと待てよと思う。なんか釈然としない。あんなの全然ぐっとこない。だって田舎町を抜け出したものの私は、何者にもなれず幸せも見つけられないまま、また元の田舎町に戻って、とうとう三十歳になってしまったんだから」

まさに、本短編集を貫くテーマを象徴しており、1ページめを飾るにふさわしい。

8編の中には、ゲイが登場するものもあるが、山内マリコは実にゲイ的な感性を持ち合わせていると思う。
昭和の大女優に対する偏愛ぶりもそうだが、例えば、『アメリカ人とリセエンヌ』における主人公が、もし自分がハリウッドの大スターだったら、と延々と妄想する中身などは、完全にゲイのそれと同じである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL