想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『チョコレートドーナツ』

『チョコレートドーナツ』

本ブログで取り上げる映画や本は、自分が気に入ったものに限ってきた。
しかし、やはりきちんと明確にしておきたい、それが大事だと思える、文字通り問題作を先月を観た。
『チョコレートドーナツ』である。

単館上映で始まったものが話題を呼び、今や全国規模でロングラン中だ。
そして、ほとんどが大絶賛の嵐、周囲のゲイの間でも「号泣した」「今年ベスト1」「絶対見逃してはいけない」と騒々しいほどである。

2014041212172471a_convert_20160122083705.jpg

物語の舞台は1970年代末のLA。
ドラァグクィーンのルディは、同じアパートに住むダウン症の少年マルコが、母親から虐待されているのを苦にしていた。
ある日、その母がドラッグで逮捕されて、マルコは施設に引き取られる。
逃げてきたマルコを保護しているうちに情がわいたルディは、交際相手の弁護士ポールと共に、里子として引き取るための裁判を起こす。
が、結局、ゲイバーに連れ歩いていたことがばれたりしたこともあり、不適格の審判を受ける。
やがて、マルコは預けられた保護施設を逃げ出し、放浪しているうちに野垂れ死にしてしまう。 
というのがおおすじである。

そして、これが最も気にかかる点なのだが、「実話である」という大仰な宣伝文句のもと、観客の同情と涙を誘っているのだ。

自分も観ている間は、涙の一粒もこぼれそうになった。
が、観終わってよくよく考えるにつれ、違和感が膨らんでくる。
はたしてどこまでが実話なのか。
公式サイトや映画ライターによる記事を読んでも、そのことについては、おそらく意図的に触れられていない。

そこで、本国アメリカのサイトを調べると、幾つかの良識あるサイトでは「ゆるく実話に基づいた」と書いてあった。
どうやら事実は、脚本を書いたGeorge Arthur Bloom 本人が昔ブルックリンに住んでいた時、ルディという男が近くにいて、母がドラッグ中毒の障害があった子供の面倒を時々見ていた、ということだけらしいのだ。

ゲイカップルがダウン症の子を里子にするため裁判を起こしたとか、その子供が無慈悲な判決のせいで亡くなったとか、そんな事実は一切なく、全てが創作。
ポールという人物すら架空だとはっきり書いてあった。

はたして、これで実話だと言えるだろうか。
そして、実話という額縁を取り去ったとしても、人は皆同じように感動するのだろうか?
ゲイの某映画ライターなど、「70年代にゲイ・ペアレンツ! こんなことがあったってこと自体がビックリ」と大真面目に語っているのだから呆れる。

そう考えると、自分には、この映画が偽善としか思えない。
特に作り手のモラルを疑うのは、もっともらしい美談に作り上げ、ゲイの二人を正当化するために、子供を最後死なせてしまうという点である。
この手の物語で、それが許されるのは事実である場合のみだ。

そもそも、物語では実に単純に善と悪が色分けされている。
ルディとポールは善で、裁判官や検事、マルコの母親らは悪である。
人間の本質とは、決して明確に白黒つけられるものではない。それができるのは、ドタバタコメディーや娯楽エンターティメント、子供向けアニメの世界だけだ。

マルコはもしかして専門的な保護施設で育てられた方が、将来を考えれば幸せかもしれない、という考え方だってある、と思うのが分別ある大人である。
そんな良識や熟考すら皆無の、ルディは言う。

「マルコは母親がジャンキーで、おまけに生まれながら障害を背負っているなんて、こんな不幸な子供はいない」

だから、自分が育てるのがベストだ、と。

このセリフこそ、まさにこの映画の偽善そのものを象徴していると自分は思う。

映画は最後、マルコが死んだという小さな新聞記事を、ポールが裁判官らに郵便で送りつけ、判決の誤りを責めて終わるが、それはただの自己満足だ。

ちなみにモデルとなったルディ=Rudy Marinello という男は、脚本家が知り合った数年後の80年代に既に亡くなっているそうである。

 

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL