想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『EDEN』

『EDEN』

EDENとは、新宿二丁目にある架空のショーパブの名前である。

山本太郎演じる店長のミロと、ショーに出演するドラァグクィーンたち。
ある日、仲間の一人ノリピーが急死、最期に「お母さんに会いたい」と呟いて……。

ゲイであることを認めてもらえず、数年前に勘当同然で家を出たノリピー。
死してなお、両親が遺体の引き取りを拒否したと知り、みなで軽トラックにのせて千葉の実家に送り届けようと画策する。

maxresdefault_convert_20160122090054.jpg

原作である、船戸与一の短編集『新宿・夏の死』がハードボイルド調であるの対し、映画はコミカルで軽いタッチだ。
冒頭やエンディングのドラァグクィーンが歌い踊るシーンはあまりにお粗末過ぎるが、物語は、遺体を両親に手渡す終盤に向かって、しみじみとした哀切に満ちてくる。

本作の真のテーマ、つまり、母と息子の物語がじわじわと炙り出されてくるのである。
とりわけ、息子がゲイの場合、そこには通常とは幾分違う、ある種独特の結びつきがあるように思う。
性転換手術で変貌した我が子の遺体を迎える母を演じた藤田弓子の演技には、お約束ながら胸を締め付けられた。

そして、なんといっても最大の見せ場は、ノリピーを無事送り届け、東京に戻ったミロが、まだ誰もいない店のカウンターからひっそり実家の母に電話をするシーンだ。

遠く離れて暮らし、どうやらミロの側から勝手に距離を置いてしまっているらしい田舎の母と久しぶりに会話をする。
もちろん、息子を案じる普通の母の思いに、変わりなどあるはずもない。
受話器越しにもそんな母に悟られまいと、押し寄せる感情を必死にこらえる山本太郎の演技に泣けた。

心配をかけたくないという強がり、感謝と愛情、真実を言えない苦しみ、寂しさや孤独など、ゲイのみならず離れて暮らす子供なら誰もが共有する、親に対する複雑な感情を、わずか数分のうちにたった一人で見事に表現しえたのは、もしかして山本太郎の抱える病んだ心の闇と関係があるのかもしれない。

挿入歌であり、みなが好きで口ずさむ松田聖子の『赤いスイートピー』は、実際、ゲイの定番ソング。

「なぜ知り合った日から半年過ぎても
あなたって手も握らない」

ノリピーを送り届けた帰り道、堤防に車を停める。
並んで腰かけ、暮れゆく海を眺めるドラッグクィーンたちのセンチな後姿が愛おしい。

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL