想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPその他 ≫ 『人生にYESと言いなさい~レニ・絶賛と非難の101年~』

『人生にYESと言いなさい~レニ・絶賛と非難の101年~』

NHKドキュメンタリーシリーズ『ザ・プロファイラー』の『人生にYESと言いなさい~レニ・絶賛と非難の101年~』を観た。

レニ・リーフェンシュタールの名を初めて知ったのは、石岡瑛子が装丁した写真集『ヌバ』である。
2003年に101歳で亡くなったが、20世紀を代表する女性の一人であったことに異論を挟む余地はない。

ベルリンの裕福な家庭で育つも、親の反対を押し切って舞踊家になり大成功。しかし、足を痛めて映画の世界へ。
監督兼女優として高い評価を得る。

ヒトラー率いるナチス党大会を記録した『意志の勝利』とベルリン・オリンピックを記録した『オリンピア』は共に傑作として世界的な名声を得るが、ドイツ敗戦と共に、ナチに協力した映画監督として死ぬまで批判を浴び続けることになる。

失意の20数年の後、70歳を過ぎてアフリカのヌバ族を撮影した写真集を発表し、写真家として再起する。
98歳のときには、取材先のアフリカ・スーダンでヘリコプター墜落事故に遭遇するも、奇跡の生還。
100歳で半世紀ぶりに映画を監督するなど、生涯を通して挑戦することを止めなかった。

「20世紀を4度生きた」とも言われる半生。
映像でみる、とても100歳とは思えない美しさと気高さは、そのまま彼女の生きた年月が形作ったものだろう。

Leni-Riefenstahl-at-1936--014_convert_20160125124822.jpg

決して途絶えることのなかった世間からの非難に対し、インタビューでこう答えている。

「一体どう考えたらいいのです? どこに私の罪が? 『意思の勝利』を作ったのは残念です。あの時代に生きた事も。でもどうにもならない。決して反ユダヤ的だったことはないし、だから入党もしなかった。言って下さい、どこに私の罪が?」

番組中も、コメンテーターの大学教授や映画プロデューサーが、「やはりレニは一言謝罪すべきだった」と述べているのに対し、現代アーティストのスプツニ子!のコメントが最も共感できた。

「その世の中で何が正義で何か悪であるか、この時代のようにいとも簡単に正義と悪は入れ替わってしまう。その時代に正義だから、この時代に悪だから謝るというのはアーティストとしてできなかったのでは」

言うまでもなく、歴史や善悪は常に戦勝国(勝者)の立場から正当化される。
それはドイツ同様敗戦国の日本でも、昨今の国際関係を見ていれば明らかなことだ。

死を前にしたレニの言葉が強い。

「どんなことがあっても人生にイエスと言うこと。どんな不運に見舞われても、人生を愛し肯定すること」

 

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL