想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ 林真理子『野心のすすめ』

林真理子『野心のすすめ』

今年のベストセラーのひとつ、林真理子著『野心のすすめ』。

『ルンルンを買っておうちに帰ろう』で衝撃的なデビューを果たしたのが1982年。

デビュー当時のことを綴った「はじめに」を読むと、30年たっても、彼女の立ち位置は見事なまでにぶれがないことがわかる。
本書は、デビュー作に対する、30年後のアンサーブックとも読めるかもしれない。

例えば、次のような一文。

「挑戦してたとえ失敗したとしても、世の中はほどほどの不幸とほどほどの幸福で成り立っていると達観する知恵者の域にまで達することができれば、もはやそれは『不幸』ではない。野心の達人が至る境地といっていいでしょう」

来年還暦を迎えるという年齢だからこそ、辿り着いた境地だろう。

本書は、表向きは若者に、実質的には、30代から50代の女性に向けて書かれたものだ。
特に後半は、そうした読者層に絞った内容ゆえ、少々退屈。

それでも、最終章で、こんな一文に出会った。

「自分はこういう人生を送りたいという目標を決めたら、歯を食いしばってでも頑張ってみることです。野心が山登りだとすると、少し登り始めると、頂上がどんなに遠いかがわかってくる。少しクラッとするような場所まで来て、下を覗いてみると、登山口の駐車場でみんなが無邪気にキャッキャッ楽しそうに群れている。でも、自分はぜったいその場所にはもう下りたくないと思う。(中略)なぜ、わざわざ辛い思いをしてまで山登りを続けられるのでしょうか。それは、必死で登って来た場所から見る景色があまりに美しく、素晴らしい眺めを自分の力で手に入れて味わう満足感と幸福をすでに一度知ってしまったからです」

彼女の読者は、ほとんどが女性だと思われるが、ゲイも少なからずいるのではないだろうか。
と言っても、40代前後のゲイに限定される、とは思うが。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL