想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ 横田増生『評伝 ナンシー関「心に一人のナンシーを」』

横田増生『評伝 ナンシー関「心に一人のナンシーを」』

2002年に39歳の若さで急逝したナンシー関。

今、彼女のコラムを読んでも、テレビや芸能人という水物を扱いながら、鮮度が全く落ちてないことに驚く。
本質をズバリと突く潔さ、言葉にするときの本気度は、今のコラムニストがいかに生ぬるい環境に甘んじているかを改めて認識させる。

没後10年を機に出版されたのが本評伝だ。

この中でも、みなが口を揃えたように、ナンシー関を超えるテレビ評論家はいまだ現れていないと嘆く。

ナンシーの大ファンだったという宮部みゆき。

「ナンシーさんは、簡単な言葉を使って、ほかの人がなかなか言語化できないことをさらりと表現できる能力を持った人でした」

『心に一人のナンシーを』というのは、大月隆寛の言葉である。

「どこかでナンシーが見てると思えば、自分で自分にツッコミ入れて、不用意に何かを信じたり、勝手な思い入れだけで突っ走ったりしなくなるんじゃないかと思ってさ」(大月とナンシーの共著『地獄で仏』)

ナンシーは、関係者から裏話を聞いても、全く参考にしようとしなかったという。

「あくまでもテレビに映るものを咀嚼するというナンシーの姿勢は、80年代から一貫しており、終始ぶれることがなかった」

そうした見方をするようになった個人的背景の一つとして、ナンシーの強度の弱視を指摘したところは、本書の最も興味深い箇所だ。

眼鏡をかけても0.3程度しか見えなかったらしい。
その上で、次の一文を読むと、意味するところは明瞭である。

「テレビというのは、ものをアップで見せるメディアだ。画面いっぱいに顔が映っているなど珍しくも何ともない構図であるが、日常生活の視界としては考えられないことである。(中略)
 私は、テレビに映ったことならば『見ている』自信がある。テレビなら、アップされた顔に、更にどんなに近づいても、何なら録画して一時停止にして見続けてもいい」(『何がどうして』)

さらに、『顔面至上主義』の中では、

「『人間は中身だ』とか『人はみかけによらない』という、なかば正論化された常套句は、『こぶ平っていい人らしいよ(だから結構好き)』とか『ルー大柴ってああ見えて頭いいんだって(だから嫌いじゃない)』というとんちんかんの温床になっている。いい人だからどうだというのだ。テレビに映った時につまらなければ、それは『つまらない』のである。何故、見せている以外のところまで推し量って同情してやらなければいけないのだ」

個人的にナンシー関と重なるところがあるのはマツコ・デラックス。
二人は2000年に『クイア・ジャパン』というゲイ雑誌で対談をしている。

デブと言われることに対し、小さい頃から規格外という自意識に生きてきたから自分からは絶対に仕掛けたりしないというナンシーに対し、マツコは「アタシだったら、その場で、相手の知りうるかぎりの欠点を突きまくるわ!」という違い。

テレビには出ないと決めていたナンシーとテレビの中で生きていくと決めたマツコの違いだと言いかえてもいいかもしれない。

現在のテレビの凋落ぶりを見ていると、ナンシー関の不在は不幸以外の何物でもない。

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL