想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ 小手鞠るい『美しい心臓』

小手鞠るい『美しい心臓』

知人に薦められて読んだ小手鞠るい著『美しい心臓』。

一つの恋愛が生まれてから終わるまでの心の揺れを、「わたし」の視点で苦しいまでに描ききった恋愛小説である。

ストーリー自体は単純明快、W不倫の話だ。

DV癖のある夫から逃れ、一人借りたアパートで、定期的に通ってくる妻子ある男と過ごす官能的な日々。

「死んでしまえばいい。あの人が死ねば。そう願ってしまうほど、好きだった」という言葉が、本の帯に引用されて宣伝文句となっているが、そんな感情など、たいして特別でも衝撃的でもなんでもない。

がぜん面白くなるのが、終盤、夫との離婚が成立し、自分を縛っていた鎖から解かれてからだ。
相手の男に関するある事実が判明したことを契機に、「わたし」は一線を越えることになる。
執着、妄想、邪推に囚われながらも、無意識に自ら出口を見つけ、そこに向かって進んでいく。

「耐えがたい苦悩があって、顔の歪むような苦痛があって、それらから解放されるときの無上の喜びがある。その喜びを『幸福』と名づけるとするなら、人はつねに、生涯を通して、なんらかの苦しみを必要としている、とは言えないだろうか」

そう気づいたとき、「わたし」は既に一歩を踏み出している。

閉ざされた世界を描き、それでいて生きることの、根源的な強さを感じさせる。

「不倫」という言葉が出てくるのは、小説の最後だ。

「そうか、わたしたちの関係は、あの日々は『不倫』と呼ばれるものだったのかと、わたしはまるで国語の授業を受けている学生のように理解した。同時にこうも思った。(中略)わたしが汚れているのではない。世間がわたしを汚すのだ」

著者の作品を読むのは初めてだが、数ある恋愛小説は多くの女性たちから熱く支持されているらしい。
リズムのある短い文章も、著者が元は詩人であったことを思うと納得がいく。

孤独な暗い私生活を持つ30代の女性作家を思い描いていたが、どうやら、既に50代後半、アメリカ人の夫とNY州に在住し、趣味は登山などのアウトドア系らしい。
少々意外な気もしたが、だからこそ書けるどこか乾いた冷めた視点が、若い女性作家の書くありがちな自己愛恋愛小説とは、一味違う読後感を与えてくれるのかもしれない。



スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL