想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『横道世之介』

『横道世之介』

物語の舞台は1987年。
大学進学のため長崎から上京してきた横道世之介が、色々な人物と出会い、様々な経験をしながら一年を過ごす。

4BC9A_IMG_0460_convert_20160122185139.jpg

少々天然だが、天真爛漫さで誰からも好かれる世之介。
とは言っても、傍から見れば、どこにでもいるごく普通の若者だ。
そんな彼が出会うのも、これまた珍しくもない普通の人々。
妊娠から学生結婚する同級生二人、憧れの大人の女性、ガールフレンドになる社長令嬢、ゲイの同級生、東京かぶれの田舎の先輩……。
たいした事件も起こらない。

それなのに、普通の人々の、ありふれた日常の日々が、なぜこんなにも切ないのだろう。

CGで再現された1987年の新宿の街や人々のファッション・風俗など、当時をリアルタイムで知っている自分は、画面を見ているだけで愛おしさがこみ上げてくるのだが、そこにあるのは、楽しかった青春のある時代、失われてしまったものに対するノスタルジーである。

それを際立せるかのように、1987年の物語に、ときおり16年後、2003年の今が挿入される。
2003年には世之介は不在で、彼と関わった人々が、ふとしたことから世之介を思い出す。

「なんだか面白いやつだった」
「笑っちゃうぐらい普通のやつ」
「あの頃、あいつに出会えてよかった」

過去を振り返る彼らの今は、それぞれが辿ってきた16年の一端を微かに垣間見せるが、具体的にどのようなものであったのかはわからない。
映画では描かれない16年の空白こそが、世之介をめぐる物語に、一つの深い陰影を与えているのである。

月日と共に、人はみな否応なく変わっていく。
様々な予期せぬことが起こり、時に幸せに浸り、時に激しく挫折しながらも痛みに耐え、なんとか前に進み、歳を重ねていく。
知らず知らずかさぶたのようにこびり付いていく、そんな哀しさの中で、世之介の記憶だけはいつまでも変わらないものの象徴として、彼らの中に生き続けているのである。

原作は吉田修一。
世之介を演じたのが高良健吾、ガールフレンドの祥子を吉高由里子。
流行のハンバーガーショップでの初めてのデート、祥子の家で世之介が交際を申し込むシーンなど、二人のみずみずしいまでに自然な演技がいい。

そして、世之介が大学で加入するのは、派手なサンバ・サークル。
サンバとは、いかにも世之介らしいと同時に、やがてピークを迎え弾ける運命の、バブル経済に浮足立った当時の日本の雰囲気そのものを象徴しているかのようだ。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL