想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『きっと、うまくいく』

『きっと、うまくいく』

話題のインド映画『きっと、うまくいく』。

映画大国インドで歴代興行収入No.1の記録を達成したのだという。

3時間近い長さを一瞬たりとも感じさせない、スピード感のあるてんこ盛りの展開。
それでいて、観客を見事に喜怒哀楽の感情の渦に巻き込んでいく、極上のエンターティメントだ。

冒頭、離陸した飛行機を仮病を使ってUターンさせてしまうほどにも、また、ズボンを履くのも忘れて家を飛び出してしまうほどにも、二人の男を動揺させ、先を急がせたのは何なのか、と観客にいきなり疑問を抱かせて映画は始まる。

二人を呼び出した男は、大学の卒業式以来行方をくらました親友ランチョーの居場所を知っているというのだ。

映画は、車でランチョーに会いに行く道すがらの現在と、10年前、名門工科大学で3人が巻き起こすドタバタ騒動を並行して描いていく。

Three-Idiots05_convert_20160122194107.jpg

原題は “3 idiots”、 三人のバカ。
頭がよく型破りなほど行動的なランチョー、技術者より動物写真家になりたいファラン、貧乏で気が弱くなんでも神頼みのラジュー。

権威を振り回す意地悪な学長やその美人の娘、悪だくみをする学友など、勧善懲悪のわかりやすい登場人物の繰り広げる騒動は、ステレオタイプと予定調和だと言えなくもない。だが、それすら取るに足らない些細なことに思えてしまうのは、ひとえに映画の持つパワー、そして製作陣のプロフェッショナルな手腕による。

15分毎に小さな起承転結があり、そして大きな起承転結で大団円へと流れ込んでいく緻密な構成と、ジェットコースター的な展開の中で、終始貫らぬかれるのが、主人公ランチョーの楽観主義である。
台詞や劇中歌で何度も繰り返される「きっと、うまくいく」という、底抜けに前向きな生き方が、観客の心に響かないわけがない。
やがて、その裏側には、誰にも話せない深い事情が横たわっていることが判明するのだが……。

なんら根拠のない楽観性は、60年代前後の日本の喜劇映画に流れていた能天気さを想起させる。
高度経済成長期、誰もが前を向いて笑い、夢を信じて突っ走ることのできたあの時代を、今のインドは享受しているのかもしれない。

3-idiots-movie_79793-1280x800_convert_20160122194057.jpg

ボリウッド映画の華とも言える、ミュージカルシーンの数々は、とにかくキュートであでやか。
色彩豊かで贅沢なセット、画面をキラキラと舞う星、インド・ポップミュージックにぴったり合った独特のダンスだけでも観て損はない。

インド系男子の容姿は正直苦手なのだが、主人公を演じたアーミル・カーンだけは、顔もマッチョな肉体も、実にセクシーで魅力的だと思った。
どうやら、インドでは押しも押されぬ大スターらしい。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL