想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『女の園』

『女の園』

木下惠介監督、1954年の作品『女の園』。

良妻賢母育成を校訓とする京都にある女子大学。
厳格な校則と行き過ぎた束縛に反発し、自由と民主主義に目覚めた女子学生たちが立ち上がり学校側と対立、それがやがて悲劇をもたらす。

冷酷な教師兼寮母、五條を演じたのが高峰三枝子。

寮の同室になる女子学生の中で、中心になるのが以下の三人だ。
3年の銀行勤めの後に入学してきた芳江を、高峰秀子。
財閥の子女で、左翼崩れの考えを持つリーダー格の明子を、久我美子。
有望テニス選手であり、自由気ままで行動的な富子を、岸恵子。

芳江は、親に反対されている恋人が東京におり、将来二人で自立するために進学してきたのである。
ところが、学校からの陰湿な束縛により将来を悲観し、精神的に追い込まれ、壊れていく。

film_syosai_img_22_02-thumb-730x480-1598_convert_20160122205901.jpg

物語自体は、今見ると随分古臭い。
主人公である芳江もビービー泣き続けて弱々しく、あまり魅力的に感じられないのだが、女優陣の熱演する女同士の戦いとしてみると独特の面白さはある。

なんといっても見どころは、いつも恐い顔した高峰三枝子の意地悪さだ。

久我は、高峰に「おこんちゃん」とあだ名をつけている。

「おこんちゃんって、あんな綺麗な顔しているけど、本当はとっても怖いの。キツネに似ているからおこんちゃんじゃないのよ。ばかされるからよ」

同僚の男教師からさえ「あなたは、クンクン嗅ぎまわって、まるで犬のようだ」とまで言われるのである。

この冷酷な寮母、実は若い頃、不倫相手との仲を無理やり裂かれ、産んだ私生児も奪われた過去があり、その怨みを女子学生たちにぶつけているのである。

そんな過去を唯一知っている久我は、三人の女学生の中で、最も儲け役かもしれない。
終盤、ついに化けの皮が剥がれた寮母と、正面から対峙するのも彼女だ。

それ以外にも、能面のようなしたたかな校長を演じた東山千栄子、富子の知り合いのおばさんを演じた浪花千栄子が、少ない出番ながら強烈な印象を残す。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL