想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『絶対の愛』

『絶対の愛』

韓国の鬼才キム・ギドク監督の『絶対の愛』を観た。

彼の『悪い男』や『春夏秋冬、そして春』は傑作だと思う。
本作のテーマも、まさにギドクならではの男女の激しい愛である。

異常な所有欲と嫉妬に苛まれ、さらに男の倦怠と心変わりに不安を覚えた女が、突然姿を消す。
再び、男の前に現れたときには、整形手術によって別の女に生まれ変わっていた。

物語はこのあと驚くべき展開を見せる。
異常なのは女だけではなかった。
二人が行き着いた先には、常軌を逸した世界が待ち受けていた。

美容整形大国と知られる韓国。
描かれるのは、そうした社会に対する皮肉であると同時に、狂気に囚われた男女の悲劇だ。
確かにいくつかの設定に無理はあるものの、狂った大人の寓話として観ると、あまりの濃密さに圧倒される。

960_convert_20160125113248.jpg

この男、決してハンサムではないが、引き締まった肉体と髭が野性的色気を放っている。
それでいて、女に翻弄されてしまう弱さや繊細さが魅力だ。

海岸にたくさんのオブジェや彫刻を配置した公園を、二人は度々訪れる。
仁川西海岸の沖にある茅島に実在するらしい。

手のひらのオブジェの上で、二人は記念写真を撮る。
写真は、物語の重要な鍵となる。

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL