想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『扉をたたく人』

『扉をたたく人』

テレビの深夜放送で観たのだが、地味ながら味わい深い秀作だった。

妻に先立たれて以来、無気力に生きている大学教授のウォルター。
NYにある別宅に戻ると、見ず知らずの若いカップルが住んでいた。
ジャルベ奏者であるシリア人の男タレクと、セネガル人のゼイナブは、どうやら賃貸詐欺にかかっていたらしい。
仕方なく三人は同居を始めるが、やがてウォルターはジャルベの楽しさを知り、路上演奏するほどにのめり込んでいく。
ところが、ある日のこと、タレクが不法滞在で逮捕されてしまう。

自分の殻に閉じ籠っていた男が、他者との触れ合いの中で次第に心を開いていくという設定そのものは、正直、目新しいものではない。
物語が俄然面白くなるのは、後半、タレクの母モーナが訪ねてきてからである。

冴えない中年男と、息子のため強い意志を持って行動する中年女の心が、次第に寄り添っていくプロセスが切ない。

the-visitor_convert_20160122205934.jpg

と言っても、最後まで愛の言葉が交わされることはなく、大人の静かな交流が深まるばかり……。
雨の降る夜、マンハッタンを二人で歩く姿のしみじみとした美しさといったらどうだろう。
その後、レストランでついにウォルターが今までひた隠してきた自分の弱さを吐露するシーンに、胸を打たれた。

この映画のもう一つのテーマが、9.11以後保守化するアメリカ社会の理不尽を突くことである。

タレクもモーナも正式に移民申請をしていたにも関わらず、なかなか承認されなかった。
そもそもタレクの逮捕は、誤認であり、つまり無実であったのだが、ひとたびアラブ人であるとわかるや、酌量の余地なく国外退去を余儀なくされる。

そうした現代アメリカを覆い始めた歪な保守化の中で、モーナはついに決意する……。

自立した強い女モーナを演じたアラブ系女優ヒアム・アッバスの気品ある美しさに、目を奪われた。

リチャード・ジェンキンスは、長年のバイプレイヤーから本作で初めて主役を演じ、そんなキャリアが、ウォルターという男に一層の陰影をもたらしていることは間違いない。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL