想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『三人の女』

『三人の女』

ロバート・アルトマン監督、1977年の傑作『三人の女』。

冒頭から結末まで、終始、奇妙過ぎる不協和音が鳴り響いたまま、物語を読み解くことも難解極まりない。

風変りな大筋はこうだ。

カリフォルニアにある、老人専用の温泉リハビリ施設。
介護士のミリーは、周囲から無視同然の扱いを受けているのに、平然とおしゃべりを続けるような、空気の読めない痛い女。
新人介護士ピンキーが、ミリーの新しいルームメイトになるのだが、鈍感な彼女も負けず劣らず変わり者。
ただ、ミリーを完璧な女だと崇め、同一視するほどエスカレートしていく。男絡みで疎ましく思ったミリーに激しく罵倒され、自殺未遂まで起こしてしまう。
ところが、昏睡から目覚めたピンキーは、別人のように強く奔放な女に豹変。その結果、二人の立場どころか、内面が完全に入れ替わったように、すべてが逆転するのである。

ミリーを演じたシェリー・デュバル、ピンキーを演じたシシー・スペイセクという、稀代の演技派女優二人の個性があまりに強烈だ。

3women-03_convert_20160122213114.jpg

三人めの女は、画家のウィリーである。
が、出番は少なく、むしろ彼女の描いた絵の方がインパクトが強い。
それは、獣と化した男女数名のセクシャルな群像画。

女の屈折した嫉妬や羨望、同性愛、トラウマ、母性、欲求不満など、一言では容易に説明できない深層心理や無意識の領域こそが、この物語を紐解く鍵ではないかとも思える。

その意味で、三人の女は、一人の女の内側にある幾つもの顔を肥大化させたものなのかもしれない。

公開時の宣伝コピーが実に上手い。

「1人の女が2人に……2人の女が3人に……そして、3人の女が1人になった」

至るところに様々なヒントが隠されている。

ミリーとピンキーはともにニックネームであり、本名は同じミルドレッドであること。
二人とも同じテキサス出身であること。
リハビリ施設で働く、一卵性双生児の介護士の女二人。
最後、なぜかミリーはママと呼ばれ、ピンキーがミリーと呼ばれていること。

不思議なことに、オリジナルポスターに描かれているのはミリーとウィリーだけで、ピンキーの姿がない。
その代り、二人の背後に垣間見えるのは、ウィリーの描いた不気味な怪物の姿である。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL