想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』

ゴールデン・グローブ賞も受賞し、いよいよ盛り上がっているミュージカル映画『レ・ミゼラブル』をやっと鑑賞。

今回は、初めての舞台版完全映画化ということで、キャスト・スタッフとも、現在考えうる最高のチームが結集した。

物語は、民衆の貧困と革命に揺れる19世紀のフランスが舞台。

パン1個を盗んだ罪で19年間服役し、仮釈放されたジャン・バルジャン。
盗みを司教から許されたことをきっかけに生まれ変わり、真の善人として生きていく決心をする。

数年後には、市長に上り詰めるものの、自分の過失で一人の女性・ファンテーヌを図らずも娼婦にまで追いやってしまったことを知り、彼女の遺児コゼットを引き取って育てる。

ヴィクトル・ユゴーの壮大な原作は読んだことはないのだが、映画で明確に描かれるのは、赦しの物語である。

07HUNT1_SPAN-articleLarge.jpg

主役を演じたヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイの熱演についてはあえて語るまでもない。
それより、自分は敢えて、ラッセル・クロウ演じる警官ジャベールとサマンサ・バークス演じる酒場の娘エポニーヌの生き様が気になってしょうがない。

ジャン・バルジャンを生涯かけて追い続け、逮捕することに執念を燃やしたジャベール。
ついにジャンの慈悲に触れることによって、自分の信念が誤っていたことに気づき、最後は自ら命を絶つ。
一方、コゼットの恋人マリユスに報われない愛を捧げるエポニーヌは、それを伝えられぬまま、銃弾に倒れる。

憎しみを捨て愛すること、他人の過ちを赦すこと、無償の愛など、それらはかなり宗教的な意味合いが濃く、一歩間違えば説教くさい、陳腐な啓蒙物語に終わりそうなものである。
ジャベールやエポニーヌ、そしてファンテーヌの報われない人生の暗闇が描かれるからこそ、ジャン・バルジャンの放つ光はより一層輝いてみえるのである。

”I Dreamed A Dream”は、この歳になって聞くとまた格別だ。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL