想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『ぼくのエリ 200歳の少女』

『ぼくのエリ 200歳の少女』

2008年のスウェーデン映画。
裏切りのサーカス』があまりに素晴らしかったトーマス・アルフレッドソン監督の、前作にあたる作品が『ぼくのエリ 200歳の少女』。

こんなにセンチメンタルで、ピュアで、切ないヴァンパイア映画がかつてあっただろうか。

ストックホルム郊外に母と暮らす12歳の少年オスカーは、内向的な性格ゆえ、学校ではいじめの標的。
ある夜、アパートの隣の部屋に、父と娘らしき二人が引っ越してくる。
少女の名はエリ。
ミステリアスな少女にオスカーは魅かれ、やがて二人は幼い恋人同士になるのだが、実は、エリはヴァンパイアだった……。

Let+the+right+one+in+outcasts_convert_20160122234910.png

物語自体はとてもシンプルなのだが、ここでも『裏切りのサーカス』同様、饒舌に語られないもう一つのテーマが、あちらこちらに顔を出す。
ホモセクシャルである。

まず、オスカーの父。
どうやら母と離婚した理由は父のホモセクシャルにあったのではないか、と暗示させるシーンがある。

そして、エリ自身。
「私は少女じゃない」と何度もエリは言う。
日本公開版ではそれを示す決定的なシーンにぼかしが入っているためにかなり解り辛くなっているのだが、エリは実は去勢された少年なのだ。

そう考えると、殺人鬼となって、エリのために生き血を集める父らしき男は、エリに魅入られた、性倒錯者だと見ることもできる。
男は、自らの命をかけてエリに奉仕し、守り抜こうとする。
その姿はどこか恍惚としており、壮絶な最期は殉死にすら思えてくる。

屋内プールでオスカーをいじめる少年たちに、ついにエリが復讐を遂げる、美し過ぎるシーン。
無音の水中を漂う血や肉片……。
ある種の残酷さは、突き詰めた美と紙一重であることを、監督はここで見事に証明してみせた。

オスカーは、エリと生きていく道を選ぶ。
永遠に歳をとらないエリに対し、オスカーだけが普通に老いていくのだということは、自らの命を犠牲に無償の愛を捧げた男と、もしかして同じ道を歩もうとしているのかもしれない、とも思える。

ひとつの究極の愛に他ならない。



スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL