想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『PINA / ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

『PINA / ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

ドイツが生んだ世界的舞踊家ピナ・バウシュの残した舞踊とダンス理論に迫ったドキュメンタリー映画。
大半は、彼女の舞踊団による実際のダンス映像である。

監督はヴィム・ヴェンダース。
早くから企画されながら、なかなか実現できずにいたところ、2009年に当の彼女が急逝。
急きょ、舞踊団による踊りとインタビュー、わずかなピナ自身の映像を構成し完成させたのだという。

コンテンポラリー・ダンスと演劇の融合。
コンセプトを際立たせるため、ヴェンダースは、あえてステージを離れ、電車の走る交差点、河川敷、プールサイド、公園、工場跡地などにダンサーを引っ張り出し、踊らせた。

maxresdefault_convert_20160122233519.jpg

独特の音楽と合わさって、かなりシュールな世界である。
それは、紛れもなくヴェンダースによる解釈でもあるわけだが、結果として、肉体と動きはより饒舌になり、観る者に考えるヒントを提示してくる。

彼女の踊りについて、生命の輝き、喜び、充実感といった言葉で感想を述べている人もいるが、自分が感じたのはむしろ真逆だ。

伝わってくるのは、内側に向いた、ネガティブなもの。
満たされない思い、すれ違う心、裏切り、嫉妬、憎悪、摩擦、孤独、絶望……。
多くは非常に性的ですらある。
しかし、複数の言葉を並べても尽くせない。言葉で形容することそのものが、陳腐に思える。

ピナ自身の言葉。

「言葉で表現するのではなく、特別な何かを感じとってもらいたい」

ピナは、ダンサー個人が、己の奥深くに秘めたディープな感情に向き合い、さらけ出すことから生まれる動きを待ち望んだ。

「自分の内面にある悲しみや喜びを表現しなさい」

彼女は、なんと癌の告知を受けた日の5日後、亡くなったという。
肉体と精神の直結した、まさにピナ・バウシュらしい死に様のように自分には思える。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL