想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ 船戸与一『新宿・夏の死』

船戸与一『新宿・夏の死』

『新宿・夏の死』は、各々100ページ近くある8つの中編から成る、ハードボイルド・ミステリー集である。

8編に共通するのは、夏の新宿を舞台にしていること。
もうひとつは、主人公たちが揃って、平凡な人生という王道から脇道にそれてしまったアウトサイダーだということだ。

死んだ仲間の尊厳のために立ち上がるゲイバーのママ、生活のため借金取り立て屋になった元銀行員、暗い過去を背負う元高校教師のホームレス、チベット人活動家の女に耽溺する若き見習い調理師、情夫の経営する興信所に勤める元女刑事など……。

歌舞伎町、新宿二丁目、大ガード下、新宿中央公園、小滝橋通りなど、なじみのある場所で、闇に浮かび上がるネオンの如く濃密な世界に目が眩む。

描かれるのは、行き場を失った欲望と、そこに下される制裁である。
贖罪の物語とも言える。

とりわけ好きだったのが『夏の黄昏』。

職場でのパワハラが原因で自殺した息子の復讐をするため、上京した初老の父親。
西新宿にある高層ホテルのエレベーターで、昔、深く愛し合った女とばったり出会う。
蘇る過去、覆い隠してきたもう一人の自分。
つかの間だが官能的な二人のふれあいがいい。

本作が書かれたのは2000年前後であり、当時の社会的状況が各物語に色濃く反映している。

バブル崩壊後の閉塞した社会、雇用なき景気回復、増加する外国人犯罪組織、中国の不気味な影など……。
状況は10年以上たった現在でも、未だ解決の糸口がないばかりか、益々混迷の一途をたどっているとも言え、物語が全くリアリティを失っていないのは当然である。

多くの物語で、結末に用意されているのは、死や絶望だ。
だが、不思議と後味は悪いものではない。
それよりももっと恐ろしく思えてくるのは、社会の縮図として、新宿という町が混沌とした不条理そのものを象徴し、ちっぽけな人の営みを飲み込み、ただじっと横たわっているということである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL