想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ 伏見憲明『百年の憂鬱』

伏見憲明『百年の憂鬱』

伏見憲明著『百年の憂鬱』はゲイの恋愛を描いた私小説である。

糖尿を患う47歳の中年作家・義明と、21歳のハーフ、ユアンの恋を縦糸に、100歳を迎えようという伝説のゲイバーママ、松川の人生を交差させる。
見えてくるのは、単なる恋愛模様ではなく、ゲイの生き方についての問題提起である。

義明には20年来のつきあいになるパートナー、忠士がいる。
恋愛感情などひとときだけの熱情にすぎないと悟っていて、実際、義明はそれを成熟した大人の分別だと信じてやまない。
結果、強烈な愛情と束縛を求め、嫉妬に苦しむユアンと何度なく衝突する。

「自分を見失わない程度に彼を愛することで、その愛を勝ち得ようと唇をかみしめた」

一過性の情熱にすぎない恋愛と、パートナーシップという永続性のある関係の、どちらが人生においてより大事なのか、二つはどうやって共存しうるのか、というのは、おそらく著者のライフワークであり、ゲイリブの香りもそこはかとなく漂っている。

終盤、ついにユアンから別れを切り出された義明は、初めて我を忘れて取り乱し、無様なまでに追いすがる。
自分から決して口にはしまいと思っていた「愛している」という生々しい言葉すら、思わず吐き出してしまう。

「よほど彼のほうが大人だったが、捨てられようとする年配者は冷静ではいられない。なぜなら、彼はそのときになって初めて、恋に落ちたのだから」

大人の分別と経験で、冷静に、ロジカルに接してきた義明の正体が、初めて露わになった瞬間だ。

ところが、その一時間後、義明はあっさりと長年のパートナー忠士の「打ち水のような愛」を欲し、彼に会いに行こうと立ち上がる。

結局、義明は、慣れ親しんだ長年のぬるま湯に、逃避しようとしているだけのようにも思える。
あるいは、燃えるような恋を全く諦めていないどころか、強烈に渇望している本心を覆い隠し、自己を欺いているだけではないか。

根底にあるのは老いと孤独への恐怖だ。

中年時の失恋以後深い恋愛を放棄し、一人孤独と人間不信と憂鬱のうちに100歳で死んだ松川さんの人生に、義明は、自分の未来の姿を怯えつつも重ねて見ているのである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL