想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『別離』

『別離』

世界中の映画賞を席巻し、傑作との声も多いイラン映画『別離』を渋谷文化村で鑑賞。

テヘランに住む、離婚調停中の一組の夫婦。
11歳の娘のため国外に移住したい妻シミンと、認知症の父親がいるからとそれを拒否する夫ナデル。

夫は、実家に帰った妻に代わって一人の介護ヘルパーを雇う。
ところが、ある出来事で彼女が流産し、責任の所在を巡って、ヘルパー夫婦と法廷で争うことになる。

original_convert_20160123130432.jpg

「ヒッチコック・タッチで魅せる『羅生門』」と形容した映画評論家もいるが、自分は異なる印象を持った。

確かに、真実がどこにあるかは終盤まで謎のままであるが、いわゆるサスペンスや謎解きにさしたる意味はなく、緊迫感溢れる、生々しい人と人との摩擦で生じる火花そのものにこそ、本作の見どころがあるからだ。

嘘、怒り、保身、プライド、本音と建前、猜疑心など、ときに誰もが持てあます、心に巣くう様々な大人の感情が、複雑に絡み合い、縺れる。
結果、本人の意図せぬところに導かれたり、周囲の大切な人間や、ときに激しく自分自身をも傷つけてしまう、その有様がスリリングに展開するのだ。

物語の背景には、現代イラン社会の歪みや矛盾が横たわっているのは当然で、しかもイスラム教の持つ独特の宗教観なくしてこの結末はないのだが、苦しみ悩み、争う様には、人間の普遍の姿がある。

娘テルメーの存在は、縺れた人間関係を内側から照らす光であるが、それでも最後まで紐解かれることはない。
人の心は、容易く第三者に説明しるものではないという無力感が横たわっているようにも思える。

果たしてテルメーは、離婚する両親のどちらを選ぶのか。
廊下で答えをじっと待つシミンとナデル二人の所在ない姿に、我々は、いつかの自分を重ねてしまうかもしれない。

 

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL