想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』は、人種差別という重いテーマを扱っているにも関わらず、随分あっさりした、コミカルなタッチで進む。

作家志望の白人女性スキーターは、周囲が当たりまえのように甘受している、奴隷制度さながらの黒人メイドの扱いに疑問を持ち、彼女たちの生の声を聞いて一冊の本をつくり、世に問いたいと考える。

それに答えるのが、メイドのエイブリーンとミニーだ。
対照的な性格の二人は、発言することがいかに危険なことかを承知しつつ、勇気を持つに至る。

publicity-photo-Aibileen-and-minnie_convert_20160123133035.jpg

とは言っても、反人種差別を声高に訴えることが目的の映画ではない。

根深い差別が生きていた60年代の南部ミシシッピ州ジャクソンで、自尊に目覚めた女たちの、自立の物語なのだ。

よって、黒人だけの問題ではない。
まず、周囲の反対を押し切って本を書こうとするスキーターの決心があり、また、美人だが不器用で風変りな女であるがゆえに周囲の白人コミュニティーから排除されている女性シーリアにも目覚めが起る。

何より、ガチガチの差別論者であり、ときに汚い手を使って黒人を貶める、ネガティブな主役ともいえる白人女性ヒリーの開眼こそ、物語の鍵である。
終盤、それまで従順で寡黙だったメイドのエイブリーンから、ついに一言で心の闇を突かれ、茫然自失になるシーンは、本作最大の見どころだ。

物語を紡ぐ主な登場人物はほとんど女。

監督のテイト・テイラーは俳優でもある二枚目で、本作が二作目の監督作品。
前作”Pretty Ugly People”が日本未公開なのは残念だが、どうやら太った女の話らしい。

映画の題材からわかる通り、彼はゲイである。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL