想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『マリリン 7日間の恋』

『マリリン 7日間の恋』

マリリン・モンローがローレンス・オリヴィエと共演した1957年の映画『王子と踊子』。
本作で描かれるのは、その撮影のため滞在したロンドンでの短い日々である。

助監督を務めた青年コリン・クラークの回想録が元になっているが、『7日間の恋』という邦題は明らかに誤解を招く。

原題は”My Week With Marilyn”。

伝わってくるのは、マリリン・モンローという世界一有名な名前と美貌を持ってしまった一人の女の不幸だ。
そこに恋やロマンスという甘たるい言葉を与えることには、違和感を覚えずにいられない。

決して恵まれていなかった生い立ちから、おそらく愛し方も愛され方も知らなかったマリリン。
成功によって手にしたものと失ったもの、心から欲しても得られなかった安心できる愛――。

孤独や不安から薬に頼り、精神的にギリギリの状態だったことは、映画の中でもはっきり描写される。
撮影所での様々なトラブル、我儘や奇行で、相手役のオリヴィエは散々振り回され、何度となく怒り狂うシーンもある。

ところが、出来あがった映画を試写室で観たオリヴィエは、スクリーンの中のマリリンのあまりの美しさと輝きに言葉を失う。
彼女は単にセクシーなだけの頭のよくない大根役者では決してなく、あまりに不幸な女であり、それゆえに女優として輝きを放っていることに気づいてしまうのだ。

file_557934_mwwmlede_10262011_161729_convert_20160123133010.jpg

物語は、撮影が終了し、マリリンがロンドンを去るところで終わる。
だが、その数年後、悲劇的な形で短い生涯を終えることを知っている我々は、複雑な感慨とともにエンドロールをむかえることになる。

オリヴィエとコリンが二人並んで、完成した試写を観るシーンが、とりわけ印象的だ。

『ヒューゴの不思議な発明』でも、皆で完成した映画を観るシーンがクライマックスになっているのだが、映画としての完成度はともかく、シーンの持つ陰影に限って言えば、自分は『マリリン』の方がずっと好きだ。

そこには、単なる愛すべき善人による善人賛歌ではなく、表向きの輝きの裏側に、人の抱える哀しい闇が浮び上っているからである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL