想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『スカーフェイス』

『スカーフェイス』

1983年のアメリカ映画『スカーフェイス』。

監督ブライアン・デ・パルマ、脚本オリバー・ストーン、音楽ジョルジオ・モロダー、主演アル・パチーノ。
当時、脂の乗り切った一流のスタッフがそろった。

舞台は1980年のマイアミ。
カストロの融和政策により、キューバから移住してきた貧しい青年トニーが、麻薬取引の裏社会で、一気にのし上がり、破滅していく物語だ。
描かれるのは、自分以外の他人を信じることができなかった男の悲劇である。

しかし、トニーの生き方は、その不器用さゆえに、抗いがたい、不思議な魅力を放っている。

高級レストランで妻のエルビラと大喧嘩したあと、回りの客に向けて悪態をつく。

「お前らはみな腰ぬけだ。何食わぬ顔で、おれのような人間を指さして、こう言う。『あいつは悪党だ』と。
そういうお前らは何だ? 善人か? 笑わせるな。何食わぬ顔でウソをつく。
おれはそんなことはしない。おれはいつも真実を話す。ウソをつくときもだ」

妻のエルビラを演じたのが、ミシェル・ファイファー。
自分の弱さから、権力と富と薬に頼らざるを得ない、寂しい女である。

同じアル・パチーノ主演の『ゴッドファーザー』が、同じく裏社会を描いて見事に芸術的な高みまで到達したのに対し、本作はその俗っぽさにおいて、特異な世界観を完成させたと思う。

成り金と悪趣味を極めた部屋の調度品、巨大な金のジャクジー風呂、サンセット柄の壁紙、どぎつい原色のネオンなど、チープさの極致が素晴らしい。

トニーとエルビラは、そんな世界で輝く男と女である。
似た者同士の二人は、磁石のように魅かれあい、そして堕ちていく。

他にもラスベガスを舞台にした『カジノ』など、自分はこんな破滅の物語が大好物である。

14_convert_20160123181252.png

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL