想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『ぼんち』

『ぼんち』

山崎豊子原作、1960年に市川崑監督で映画化された『ぼんち』。

「ぼんち」とは関西弁で言う、器の大きいできた若旦那のこと。

気弱な婿養子であった父が、死の床で、息子の喜久治に言う。

「気根性のあるぼんちになってや。ぼんぼんで終わったらあかんで」

大阪船場の老舗問屋を舞台に、女系家族に生まれた一人息子の放蕩な女遊びと、彼を取り巻く女たちのしたたかだが、粋な人間模様を描き、独特のおもしろさがあった。

CYCKz7yUQAAQhW5.jpg

未だ祖母に頭の上がらない母を山田五十鈴、最初の妻を中村玉緒、妾たちを京マチコ、若尾文子、越路吹雪、草笛光子ら豪華女優陣が競うように演じる。

とりわけ、毛利菊枝演じる、強権的な女主である祖母が強烈だ。
料亭の仲居頭を、喜久治の妾に見初めて、こんな怖いことを言うのである。

「ええ体やし、品もあるし、わてが男やったら、子供を産ましてみたいようなおなごや」

個性的な女優陣の中にあって、好色で責任感に欠けるが決して憎めない若旦那、喜久治を演じた、市川雷蔵の魅力が、本作を品よく支えている。

船場の古き良き時代、そして、戦争を迎え、空襲によって全てが破壊される運命を経て、再び、したたかに立ちあがっていく彼ら。

終戦のドタバタの中、3人の妾たちを疎開させてあった寺を、喜久治が久しぶりに訪れ、覗き見たものは……。

有名な、若尾、越路、京の入浴シーンだ。

敗戦の痛手を全く感じさせない、白く豊満な体をした3人の女たちが、それぞれが前向きな未来を語っては、お湯をかけあって、はしゃいでいる。

それを見て、喜久治は、女はもうこりごりだと思うのだが、女たちが強さと明るさを失わないでいられるのは、彼がなけなしの財産を分け与えたからであり、それは、彼が潔さと心優しさを持った、本物のぼんちであるからに他にならないのである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL