想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『赤い靴』

『赤い靴』

1948年公開の名作『赤い靴』のデジタルリマスターを劇場で観てきた。

2年の歳月をかけた、デジタル化の監修を行ったのは、この映画を敬愛しているというマーティン・スコセッシ監督。
なんとも魅力的な、新しいポスターを見て、観逃してはならないと思っていた。

dvd_red_convert_20160123194618.jpg

新人ダンサー、ヴィクトリアが、バレエ団団長に見出され、アンデルセンの童話を元にした新作バレエ『赤い靴』のプリマに抜擢される。
作品は成功し、一躍スターになるヴィクトリアだが、作曲家と恋に落ちたことから悲劇の道を歩む。

昔、この映画を観るまで、『赤い靴』の物語を、てっきり異人さんに連れられていった少女の話だと勘違いしていた自分。
アンデルセンの童話は、赤い靴を履いてしまうと踊り続けなくてならないという、ある意味、異人さんに連れられていくよりも、恐い物語である。

なんといっても、劇中劇『赤い靴』の踊りの素晴らしさ。

例えば、主人公の足に、赤い靴がすっぽり収まる瞬間のワクワクするような感動。
そして、その後に続く、夢のような踊りの数々は、ただうっとりと浸ってしまうばかりである。

現代のリアルなCG映像ではないが、少しも古臭さを感じないのは、いかに芸術性に優れたものであるかの証だ。

まさしく、舞台芸術と映画の完璧な融合。

フィクションであるはずの『赤い靴』の物語が、ヴィクトリアの人生と重なり、境を失い、悲劇的結末へと突き進んでいく。

芸術に生きることの厳しさと、そこから逃れられずに起こる悲劇は、その後、例えば『ブラック・スワン』などでも繰り返し描かれるテーマとなる。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL