想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ 桃井和馬『妻と最期の十日間』

桃井和馬『妻と最期の十日間』

NHK『旅のチカラ』は、毎回、一人の旅人が、自分の魂や内面に向き合うディープな旅をする。

報道写真家、桃井和馬が旅したのは南米ペルー。
妻を亡くした喪失から立ち直るための巡礼の旅である。

ペルーは若き桜井が住んでいた国。
当時アメリカに留学中だった妻が、桜井を訪ねてきたことにより、将来を約束するに至った思い出の場所だった。

彼の書いた『妻と最期の十日間』は、くも膜下出血で突然倒れた41歳の妻を看取った10日間の記録である。

世界の紛争地帯で様々な死に接してきたはずの桜井が、迫りくる妻の死を前に、ひたすら狼狽え、苦悩する姿は読み進めるのも辛いほどだ。

結婚して16年。

「時を重ね、寄りそうことで、一人の女性が、先輩と後輩の関係から恋人へ、恋人から妻へ、時には母に、時には戦友になった」

クリスチャンである家族は、無意味な延命をしないことを決める。

「自然を前に驕ってはいけない。自然の破壊も許されない。人間はどこまでも自然の一部で、自然の流れに人間は従うしかない。それが彼女と私が共有した認識だった」

『旅のチカラ』の中では、現地の人から、ある場所の白い石を持って行き、巡礼地に置いてくると、心の重荷を下ろすことができると教えられる。

妻の死から、しばらくは全く仕事も手につかず、酒におぼれた数年をすごしていたという桃井。
教わった通り、小さな石をカバンに忍ばせるのだが、桃井は日本に持ち帰ることを選ぶ。
その重荷に、これからも向き合い続けたいからだという。

本書の冒頭で引用されているのは、有名な「ニーバーの祈り」である。
アメリカの神学者ラインホルド・ニーバーにより1930年代か40年代ごろ書かれた。

「神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ」
(大木英夫訳)


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL