想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『幸せの始まりは』

『幸せの始まりは』

愛と追憶の日々』『恋愛小説家』のジェームズ・L・ブルックス監督の最新作。

全米ソフトボールチームを、年齢を理由に解雇されたリサ。
最近、恋人ともしっくりきていない。
一方、ジョージは、父親の経営する会社の重役でありながら、何かの濡れ衣を着せられ、詐欺容疑で立件される。失業し、さらに恋人とも破局してどん底状態だ。

そんな失意の二人が出会う。

二人を演じたのは、リース・ウィザースプーンとポール・ラッド。
ジョージの父親がジャック・ニコルソン、リサの恋人がオーウェン・ウィルソン。

2010_how_do_you_know_002_convert_20160123204741.jpg

ロマンチック・コメディーの定石通り、二人は恋に落ち、やがて立ち直るきっかけを掴んでいくという展開だが、さすがブルックス監督、いくつかのシーンで流れるせつない時間が、なんともいえず味わい深い。

例えば、リサが、セラピーをすすめられ、初めて精神分析医のところにやってきたシーン。

やっぱり性に合わないと、部屋を飛び出そうとして立ち止まり、一つの質問をする。
「先生は今までの治療の中で、どんな状況の人にも当てはまる、心の助けになる言葉があった?」

すると医師はこう答える。

「あるとも。『自らの心に正直になる方法を学びなさい』だ」

それはとても難しいと言うリサに、医師はこう言うのだ。

「ここに来るのも、ここから去るのも決断が必要だったはずだ。君は、君が思っているよりもずっと強い人間だと思う」

これを聞いて、リサは来てよかったと思うのである。

「人生はたった一つのきっかけで回り始める」というのは、重大な決心をしたジョージが、リサの誕生日に言う言葉である。

出番は少ないものの、ジョージの友人カップルのプロポーズ騒動が、意外に笑えて、そして、泣かせる。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL