想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『ソーシャル・ネットワーク』その2

『ソーシャル・ネットワーク』その2

デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』は、今年劇場で観た中では三本の指に入る好きな映画だ。
改めて観直して、やはり個人的には、オスカー作品賞の『英国王のスピーチ』よりはるかに優れていると思った。

Facebookの創始者、マーク・ザッカーバーグを中心にした人間ドラマである。

映画は、マークと恋人のエリカが、バーでビールを飲みながら、延々と早口で会話するシーンで始まる。
「中国の天才の数はアメリカより多い」といった他愛もない話題から始まり、やがてはマークが手ひどくエリカを侮辱してしまうのだが、怒ったエリカはこういって席を立つ。

「あなたは自分がオタクだからもてないと思っているだろうけど、違う。それはあなたが最低の男だから」

一人、テーブルに残されたマークの表情は、彼が映画の中で最もわかりやすく感情を露呈する場面だ。
冒頭の長い会話のシーンは、本作が、マークの人間としての苦悩を描くものであることをはっきり示唆しているのである。

10_convert_20160123220510.jpg

また、マークとエドゥアルド、親友だった二人の若者が、それぞれ別の道を歩んでいく青春ストーリーという見方も可能だ。

二人で始めた小さなネットワークが、多くの人間を巻きこみ、巨大に膨れ上がるにつれて、二人の考え方の乖離は否応なしに拡がっていく。

マークを演じたジェシー・アイゼンバーグは、二人の関係をこう説明する。

「誰でも家でパーティーをするときには、親に出て行ってもらいたいものだ」

フィンチャー監督も述べているとおり、本作の主役はあくまでも10代の終わりから20代前半の、まだ子供の部分を残した若者たちである。
彼らが、子供の純粋さを失っていく過程を描いた物語だと、言い換えてもいいかもしれない。

「あなたは悪い人じゃない。ただ悪いふりをしているだけ」

終盤、訴訟を終えて一人部屋に残ったマークに、そう声をかける女性弁護士は、少ない出番ながら、テーマの重要な語り部である。

彼女は、新人弁護士で、歳も若く、今回も上司の横に座っているだけの立場であるが、周囲の熟練弁護士たちには見えない、マークの本質をしたたかに見抜いているのだ。

ラスト、暗い室内でマークが自らのPCで開く画面は、Facebookのエリカのページである。
絶交され、Facebookすらも子供の遊びだとからかっていた彼女が、自ら進んで登録してくれていたことが、マークの表情にささやかな喜びをもたらして映画は終わる。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL