想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『蜘蛛女』

『蜘蛛女』

1993年公開の『蜘蛛女』は、なかなか魅せるB級映画である。

狂気の悪女、モナを演じたレナ・オリンは、『危険な情事』のグレン・クローズ、『ミザリー』のキャシー・ベイツに匹敵する怪演ぶりだ。
猟奇性と滑稽さにおいては、一枚上を行くかもしれない。

自動車の中での死闘、その後、ハイヒールを脱ぎ捨て、がに股で逃げ去るモナの凄まじい姿は、一見の価値がある。

abgZXLcG_convert_20160123223346.png

とは言っても、主人公はあくまでゲイリー・オールドマン演じるジャック。
片田舎で寂れたダイナーを営む一人の男の、懺悔と悔恨に満ちた回想のドラマだ。

かつてジャックは、マフィアに情報を流し、その報酬で私腹を肥やしていた悪徳刑事だった。
愛する妻がいながら、若い愛人もいて、なかなかに要領のいい享楽的な日々。
ところが、モナという凶悪な女に関わったことから、血みどろの道に踏み込んでいく。

終盤、壮絶な死闘をなんとか生き延びたあと、束の間の平穏の中で、ジャックはこう思う。

「本当に経験する地獄は、空想の物とは違う。
業火や硫黄、悪魔などは空想の産物だ。
何が地獄か……。
肝心なことを見失っている時こそが、地獄だ」

彼の場合、肝心なこととは、愛する妻が自分の側にいてくれるということである。

モナの狂気ぶりばかりに圧倒されてしまうが、ジャックの物悲しい孤独と悲哀こそが、実は、この映画の肝だ。

妻と別れるとき、ジャックは涙を堪え切れない。

「愛が不安と背中あわせなのは、求めても与えられるとは限らないからだ」

妻を失ってからの時間の方が、彼にとっての本当の地獄なのである。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL