想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『シングルマン』その2

『シングルマン』その2

昨年観た、トム・フォード初監督作品『シングルマン』をDVDで観直した。

恋人ジムの事故死から8ヵ月。
この8ヵ月は大学教授のジョージにとって、水中で息もできず、もがき苦しんできたような日々。
ついに自らの命に終止符を打とうと決意した、ある一日の物語だ。

a_single_man04_convert_20160124112025.jpg

大学での、最後の講義は「恐怖」について。

「老いや孤独の恐怖、話しかけても通じない恐怖」

それはまさしく、今、ジョージの直面している恐怖である。

講義に共感した一人の学生ケニーがジョージに近づき、後をついて回る。
ケニーは、まるで神が遣わした天使のような存在だというと、ロマンチック過ぎるだろうか。

ジョージがケニーに諭す。

「人生が価値を得るのは、他者と真の関係を築けたときだけだ」

一日の終わり、ジョージが現実と生に目覚めるのは、ケニーとの束の間のふれあいの中に、そのささやかな萌芽を見るからである。

行きずりの短い会話を交わす、スペイン人の青年が語る母の教えがいい。

「恋人はバスと同じ。待っていれば次が来る」

コリン・ファースは『英国王のスピーチ』で頂点を極めたが、自分は、本作や『ブリジッド・ジョーンズの日記』の彼のほうがずっと好きである。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL