想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『レナードの朝』

『レナードの朝』

原題”AWAKENINGS”(目覚め)は、本作のテーマを端的に表現している。

ロビン・ウィリアムス演じるセイヤー医師の努力により、眠り病で30年間昏睡状態だった患者たちが一時的な目覚めを体験するという、実話の映画化である。

しかし、30年もの空白が患者にもたらす過酷な現実。
目覚めが、本当に患者にとってよかったのかと医師は苦しむ。

ロバート・デ・ニーロ演じる患者の一人、レナード。
目覚めと同時に、いつの間にか中年になっていた自分に戸惑う。
ポーラという女性に生まれて初めて恋心を抱きながらも、病気の再発の予兆に苦しむ。

病院の白いカフェテリアで、別れを切り出したレナードの硬直する手をとり、無言で優しくダンスを始めるポーラ。
哀しく流れるピアノの調べ”Dexter's Tune”。
映画史に残る、最も美しいダンスシーンの一つだ。

Awakenings-Robert-de-Niro-and-Penelope-Ann-Miller-dancing_convert_20160125113323.jpg

この後、レナードが、隔離された病院の鉄格子の窓から去っていくポーラを見送る姿は、涙なくして観ることができない。

やがて、セイヤー医師の努力の甲斐なく、患者たちは再び昏睡状態に戻っていく。

元気だったころのレナードの8ミリフィルムを見ながら、セイヤーが看護師のエレノアにつぶやく。

「彼は僕のことを優しい男だと言ってくれた。でも、命を与えて、再びそれを取り去ってしまうことが優しさだといえるだろうか」

それに対する、エレノアの言葉が胸を打つ。

「命というものは、私たちすべての人間に与えられ、取り去られるものじゃないですか?」

苦悩するセイヤーを傍で温かく見守るエレノアを演じたジュリー・カヴナーがいい。

この映画には三つの目覚めがある。

患者の覚醒、内向的だったセイヤー医師の目覚め、そして、映画を観た人の心の中に生まれる目覚めである。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL