想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『ソーシャル・ネットワーク』

『ソーシャル・ネットワーク』

オスカー作品賞の呼び声も高い、デヴィッド・フィンチャー監督の最新作。

スピーディーな会話を連打する脚本、意表を突く編集、素晴らしい音楽で、ラストまで一気に走りぬける。
今の映画の一つの新しい形を観た気がする。

55545_convert_20160123220521.png

ハーバード大学の一学生であったマーク・ザッカーバーグが、Facebookの立ち上げを思いつき、世界最大のSNSにまで成長させるまでの道のり。
描かれるのは、創設の裏話、そして愛や裏切りの交差する人間ドラマだ。

当事者やFacebook社からの協力は一切得られず製作されたそうだが、事実だろうと脚色だろうと、一人の男のドラマとして、じゅうぶん面白いと自分は思った。

天才的頭脳と人間的欠点、マーク・ザッカーバーグという生身の人物像が見事に生きているからである。

全世界に5億人のネットワークを築くことは可能でも、たった一人の親友も、大切な恋人すら、つなぎとめておけないという、どうしようもない理不尽さ。
それは本人の意志とは別のところで、例えば「成功」という、大いなる力に飲み込まれるように失われていく。

規模こそ違え、誰でも一度や二度味わったことのある、人間一人の無力感が、せつなく迫る。

ラスト、訴訟を終え、一人部屋に残るマークに、女性弁護士が声をかける。

「あなたは悪い人じゃない。ただ悪いふりをしているだけ」

暗い室内でマークが自らのPCのFacebookを開くエンディングは見事だ。

ビートルズの“Baby, You Are A Rich Man”が流れるエンドクレジットを見ながら、なんともやるせない想いに襲われた。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL