想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『ホリデイ』『リトル・ミス・サンシャイン』

『ホリデイ』『リトル・ミス・サンシャイン』

「名優たちの競演」といういい加減なテーマで、放送していた映画を2本。
両作とも観るのは2度目だが、改めて、しみじみとしたいい映画だと思った。

『ホリデイ』

ロンドンとLAで、共に失恋したての女二人がネットで知り合い、お互いの家を交換して2週間の休暇を過ごすことにする。
二人を演じるのが、キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット。

それぞれが、見知らぬ土地で様々な出会いを経験し、癒されていく。

失恋したものが観るべき映画として、まっさきに名前の出る、この映画。
特にケイトが、失恋からついに吹っ切れたシーンの爽快感は、なるほど胸がすく思いだ。

ケイトが、隣人の老人と触れ合うエピソードが心温まる。

引退した有名脚本家である老人がケイトに言う。

「映画には必ず主人公とその親友が現れる。しかし、君は、自分の人生で、自分が主人公のはずなのに、親友の役しか演じていない」

これを聞いて、ケイトははじめて自分の過ちに気づくのである。

1449747233-the-holiday14_convert_20160125111136.jpg

『リトル・ミス・サンシャイン』

祖父、父、母、伯父、息子、娘。
それぞれにかなり難ありの問題を抱えた家族が、娘の美少女コンテスト出場のため、一台のポンコツバンに乗ってアルバカーキーからカリフォルニアに向かう。

テーマは、人生には勝ち組と負け組があるのか?

父がグレッグ・キニア、母がトニー・コレット、伯父も祖父も達者な役者が勢揃い。
とりわけ、息子と娘を演じた子役の素晴らしさが光る。

ちなみに、伯父はゲイで、教え子に失恋して教師の職も失い、自殺未遂をおこした男という設定だ。

終盤、コンテストで家族全員がステージに上がり、娘と一緒におバカなダンスをするシーンは、滑稽なはずなのに、なんだか涙が出てしょうがない。

負け組だと思っていた者たちが、確かな勝利をつかむ瞬間である。

16f40593-6ac2-4d04-b40b-0824ffc1c084_625x352_convert_20160124203722.jpg

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL